FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

庭士と花士 K/t「永彩松模様」 2009.1 その2

090124mihoproject004.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2sec F9 ストロボ使用

庭士と花士 K/t「永彩松模様」、つづき。
さて、ライブパフォーマンスにて完成したのがこの作品です。

実際の色が出るようにライティングを調整すると――。
090124mihoproject005.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/6 F7.1 ストロボ使用

トーク&パフォーマンスのあとは、作品を眺めたり説明をしたりしながら時を過ごしました。
090124mihoproject006.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/6 F7.1 ストロボ使用

090124mihoproject007.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/15 F7.1 ストロボ使用
スポンサーサイト



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/31(土) 00:09:00|
  2. イベント-庭士と花士-2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭士と花士 K/t「永彩松模様」 2009.1

090124mihoproject001.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 0.6sec F7.1 ストロボ使用

庭士と花士 K/t「永彩松模様」
2009. 1.15(木)~17(土), 22(木)~24(土) 6:30p.m.~10:30p.m.
最終日の「K/tによるトーク&パフォーマンス」です。

小川勝章さん(庭士)と、三重野貴さん(花士)のふたりが、まず、自作の詩を読み、ふたりの世界観を提示――。

次に、今回制作した作品をプロジェクターで映して、ふたりが解説。
今回のテーマ「永彩松模様」――松にまつわるふたりの思いを中心に制作の裏話なども披露されました。
090124mihoproject002.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2sec F9 ストロボ使用

最後のパートは、ライブパフォーマンス。
制作の実演です。
さて、どんなものができるか……。
090124mihoproject003.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2sec F9 ストロボ使用

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/30(金) 00:09:00|
  2. イベント-庭士と花士-2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北野天満宮 2009.1 その2

090127kitanotemmanguu004.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/500 F4

北野天満宮、つづき。
まだちょっと梅には早いかな……。

これは「宝物殿」。
たいせつな物が保存されているようで――。
090127kitanotemmanguu005.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/125 F5

――大きくて白い狛犬が左右で守っています。
090127kitanotemmanguu006.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/640 F5

090127kitanotemmanguu007.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/400 F5

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/29(木) 00:09:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北野天満宮 2009.1

090127kitanotemmanguu001.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/250 F7.1

京都市上京区にある、北野天満宮
菅原道真を祀った神社です。
「天神さん」の露店は毎月25日ですが、1月25日は「初天神」としていつもの月よりさらににぎわいます。
25日をすぎればこの静けさ……。
上の写真は、今出川通りから境内に入ると最初に現れる「楼門」。

菅原道真の誕生が「丑歳」にあたっていたことなどから、北野天満宮には牛にまつわる縁起が多く伝えられ、牛は天神様の神使(お使い)となっています。
この牛は、楼門を入ってすぐのところにいます。
女性が頭にさわって「頭よくして~」と願をかけていました(そんなご利益があったんだっけ?)。
よく見ると目が赤いんですね。
090127kitanotemmanguu002.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/250 F4

手水のところにも牛がいます。
090127kitanotemmanguu003.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/250 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/28(水) 00:09:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧古河庭園 2008.3 その4

080301kyuufurukawa010.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/25 F5.6

旧古河庭園、つづき。
心字池を廻る道をちょっとはずれたところに「茶室」があります。
「書庫」の建物から茶室を望むとこんな感じ。

「冬の庭園は、色や装飾がなくて庭園そのものが見えます」とは、小川治兵衞さんのことば――。
080301kyuufurukawa011.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/30 F5.6

心字池を一周すると、元の洋館に戻ってきます。
080301kyuufurukawa012.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/60 F5.6

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/27(火) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧古河庭園 2008.3 その3

080301kyuufurukawa007.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/60 F5.6

旧古河庭園、つづき。
日本庭園――「植治」の庭をぐるりと回っています。
この池は、「心字池」といい、「心」の文字を模した形をしているとか。

害虫駆除のための「菰巻き(こもまき)」が見えます。
ただ、この菰巻き、害虫駆除には効果がないそうで、こちらも“雪吊り”と同じく、装飾の意味が強いようです。
080301kyuufurukawa008.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/60 F5.6

この日は天気がよくなくて、光がかなり弱い。
撮影はコニカミノルタ Dimage A2 でしていますが、このカメラは高感度撮影は弱く、ISO400 で撮影したこの日の写真もノイズが多い。ISO 100 で撮影すれば、きれいな画像になるのですが――、ISO400 に設定したのは失敗だったかも……。
080301kyuufurukawa009.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/40 F5.6

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/26(月) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧古河庭園 2008.3 その2

080301kyuufurukawa004.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/250 F2.8

旧古河庭園、つづき。
日本庭園は、「植治」こと小川治兵衛作。明治~大正時代に活躍した庭師です。
造園「植治」のサイト

金沢「兼六園」の“雪吊り”に似たものがあります。
しかし、都内のこの地域に雪がたくさん降ることはほとんどなく、装飾の意味が強いようです。
080301kyuufurukawa005.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/100 F5.6

かなり大きな石灯籠(雪見灯籠)が……。
080301kyuufurukawa006.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/100 F5.6

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/25(日) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧古河庭園 2008.3

080301kyuufurukawa001.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/400 F2.8

旧古河庭園
東京都北区にある庭園です。JR山手線「駒込」から歩いて15分ほど。

-----------------------------------------------
もと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。
現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア・コンドル博士(1852~1920)です。博士は、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計し、我が国の建築界に多大な貢献をしました。
日本庭園の作庭者は、京都の庭師「植治」こと小川治兵衛(1860~1933)です。山県有朋の京都別邸である無鄰菴、平安神宮神苑、円山公園、南禅寺界隈の財界人の別荘庭園などを作庭し、造園界に多大な貢献をしました。
-----------------------------------------------

庭園に入ってまず現れるのが、この濃い茶色の洋館です。
外壁は真鶴産の新小松石(安山岩)で覆われ、屋根は天然ストレート葺き、地上2階・地下1階の迫力ある建物です。
080301kyuufurukawa002_20090123235930.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/640 F2.8

左側に回り込むと、西洋庭園が広がります。
絵になる風景で、この日も女性モデルが撮影をしていました。
関東大震災では、2,000人の避難者を収容したのだとか……。
080301kyuufurukawa003.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/640 F2.8

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/24(土) 00:05:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小鷺、青鷺 2009.1

090117kosagi001.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/200 F4

京都市内の庭園で、小鷺(コサギ)を見つけました。
りりしい立ち姿で、獲物を狙っています。

同じ庭園で、青鷺(アオサギ)も過去に撮影していました。
070621aosagi001.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/160 F5.6

近くに寄って撮影――ちょっとコワイ。
070621aosagi002.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/160 F5.6

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/23(金) 00:05:00|
  2. 鳥birds
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

頂法寺(六角堂) 2009.1

090121rokkakudou001.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 1/100 F4 ストロボ使用

頂法寺(六角堂)のおみくじは陶器の鳩が足で握っています。
かわいいので、思わず買ってしまった――。

「大吉」でありました~!!
090121rokkakudou002.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 1/100 F4 ストロボ使用

こんなストラップもあったので、これもひとつ……。
090121rokkakudou003.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 1/100 F4 ストロボ使用

確かに鳩がたくさんいます。
枝におみくじが結び付けられています。
090120rokkakudou001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/100 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/22(木) 00:05:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平安神宮 2009.1 その7

090111heianjinguu017.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/500 F4

平安神宮、つづき。
「白虎」の手水あたりから大極殿など全景を――。

「平安神宮」の石碑は、應天門から一筋南の通りの道端に立っています。
090111heianjinguu018.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/60 F4

石碑は、大正13年4月15日に建てられました。
090111heianjinguu019.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/200 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/21(水) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平安神宮 2009.1 その6

090111heianjinguu013.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/160 F4

平安神宮、つづき。
「應天門」をくぐって、すぐのところに、手水がふたつあります。
向って左側がこれ。

像のすぐ下に「白虎」、その下には「奉納」と書いてあるのですが、右側から書いてあり「虎白」「納奉」となっています。
090111heianjinguu014_20090120015904.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/160 F4

なるほど、旧書式の「右から左」に書いてあるのだなと思い、向って右側の手水に移動――。
右側の方は「蒼龍」の像です。
090111heianjinguu015.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/320 F5.6

あれ?
こちらは「蒼龍」「奉納」と、「左から右」となっています。
調べてみると、昔(戦前?)はすべて「右から左」と書いていたのかと思ったらそうでもなく、横書きは「左から右」からが基本なんですね。
ただ、タイトル的なものは「右から左」が普通でした(これは、「各行一字の縦書き」とでも言うべきものかもしれませんが……)。
結果的に「右から左」と「左から右」が混在していた――。
で、このふたつの手水も内側をアタマとして、左側は「虎白」「納奉」、右側は「蒼龍」「奉納」と書いたのではないかと推測しました(はっきりしたことはわかりません)。
しかし、過去に何十回と見てるはずなのに、このことに今回初めて気づきました。
見てるようで見てないものです(あ、わたしだけか)……。
090111heianjinguu016.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/320 F5.6

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/20(火) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭士と花士 2009.1 その2

090114mihoproject005.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 0.8sec F8 ストロボ使用

「庭士と花士」、庭士=小川勝章さん、花士=三重野貴さんによるイベントが15日から開かれています。
場所は、"yu-an miho project"(京都市上京区寺之内通浄福寺西入ル中熊野町332)。
初回は2008年10月、今回は第2回です。
2009. 1.22(木)~24(土) 6:30p.m.~10:30p.m.
*2009.1.24(土) 7:30p.m.~ K/tによるトーク&パフォーマンスを開催。
……¥1,500(ワンドリンク付き)

上の写真、松の幹をモチーフとしたオブジェ……。

これは、タワシだ――。
090114mihoproject006.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 1/6 F7.1 ストロボ使用

入口で、このオブジェがお迎えします。
090114mihoproject007.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 0.6sec F6.3 ストロボ使用

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/19(月) 00:05:00|
  2. イベント-庭士と花士-2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭士と花士 2009.1

090114mihoproject001.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 1/4 F9 ストロボ使用

「庭士と花士」、庭士=小川勝章さん、花士=三重野貴さんによるイベントが15日から開かれています。
場所は、"yu-an miho project"(京都市上京区寺之内通浄福寺西入ル中熊野町332)。
初回は2008年10月、今回は第2回です。
2009. 1.22(木)~24(土) 6:30p.m.~10:30p.m.

上のオブジェは何でしょう?
ぜひいらして、制作者から直接きいてみてください。

なまめかしい作品もあります。
ちょっとアヤシくて、女性に人気があります。
090114mihoproject002.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 5sec F8 ストロボ使用

床の間の掛け軸にはこんなものが……。
090114mihoproject003.jpg
Sony α900+50mm F2.8 - 3.2sec F10 ストロボ使用

斬新な屏風もあります。
090114mihoproject004.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 5sec F13 ストロボ使用

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/18(日) 00:05:00|
  2. イベント-庭士と花士-2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平安神宮 2009.1 その5

090111heianjinguu010.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/80 F8

平安神宮、つづき。
正月ならではの光景です。
びっしりと結びつけられた、おみくじ。
境内の樹木では足りないので、「おみくじ結び用手すり」とでも言うものでしょうか、こんなものが大極殿の正面に設置されています。

こちらは、「蒼龍楼」の前です。
こちらも隙間なく結び付けられています。
090111heianjinguu011.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/1000 F5

よく写真の素材に使われる、吊灯籠です。
鮮やかな朱塗りを背景に回廊を照らします。
090111heianjinguu012.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/400 F5

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/17(土) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平安神宮 2009.1 その4

090111heianjinguu007.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/640 F5.6

平安神宮、つづき。
「大極殿」の屋根に注目してみました。
見事な甍(いらか)です。日の光に映えて緑色に輝きます。

左右に配する、金の鴟尾(しび)が輝いています。
まずは、向って左側。
090111heianjinguu008.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/640 F8

こちらは右側。
地上から肉眼ではほとんど見えませんが、細かいデザインが施してあります。
090111heianjinguu009.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/640 F8

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/16(金) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平安神宮 2009.1 その3

090111heianjinguu004.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/60 F4

平安神宮、つづき。
「應天門」を内側から見てみました。
鮮やかな朱塗りが映えます。

西門あたりの「額殿」の前に、立派な松の木がありました。
090111heianjinguu005.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/40 F4

「大極殿」と「蒼龍楼」を広角レンズで狙ってみます。
春には、「左近の桜」が咲きます。
090111heianjinguu006.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/40 F8

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/15(木) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平安神宮 2009.1 その2

090111heianjinguu001.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/60 F4

平安神宮、つづき。
鳥居をアップしましたが、せっかくなので、中に入ってみましょう。

上の写真は、「應天門」に向かって左側、「手水舎」です。
この水で清めて、お詣りに行きます。
今風のカップルも清めております。

「應天門」、向って右側に回って――。
090111heianjinguu002.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/100 F4

実は、知らなかったのですが、「應天門」って書いてあるんですね。
てっきり「平安神宮」って書いてあるものと思ってました。
皆さん、知ってました?
090111heianjinguu003.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/250 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/14(水) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭士と花士 2008.10 その2

081014mihoproject005.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 1/8 F5.6 ストロボ使用

「庭士と花士」、庭士=小川勝章さん、花士=三重野貴さんによるイベント、つづき。
もう、今週ですね。
2009年1月15日(木)~24日(土)なんですが、日程が、ちょっとややこしくて――、
2009. 1.15(木)~17(土), 22(木)~24(土) 6:30p.m.~10:30p.m.
と、木曜~土曜に限られています。
場所は、"yu-an miho project"(京都市上京区寺之内通浄福寺西入ル中熊野町332)。

上のオブジェは柿のイメージ……かな?

これはザクロのイメージ。
081014mihoproject006.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 3.2sec F8 ストロボ使用

葉っぱが茂っていて、石が置いてあります。
081014mihoproject007.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 6sec F7.1 ストロボ使用

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/13(火) 00:05:00|
  2. イベント-庭士と花士-2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の日の京都 2009.1 その2

090110kamo003.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/30 F4.5

雪の降った京都市左京区でしたが、10時ごろには消え始めていました。
鴨が気持ちよさそうに泳ぐ庭園です。

さらに、すいすい~と泳ぐ鴨です。
090110kamo004.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/160 F5.6

鴨(マガモ)をアップで狙ってみます。
090110kamo005.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/40 F5.6

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/12(月) 00:05:00|
  2. 鳥birds
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の日の京都 2009.1

090110yuki001.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/100 F4.5

本日の京都市左京区は雪でした。
市内中心部から東山方面を見ると、こんな感じでした。
寒いぞ~。

寒くても、市内の庭園の池をすいすい~と泳ぐ鴨。
090110kamo001.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/160 F5.6

なんか相談してます。
池のほとりには、うっすらと雪が積もってます。
090110kamo002.jpg
Sony α900+80-200mm F2.8G - 1/40 F5.6

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/11(日) 00:05:00|
  2. 鳥birds
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭士と花士 2008.10

081014mihoproject001.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 1sec F9 ストロボ使用

「庭士と花士」、庭士=小川勝章さん、花士=三重野貴さんによるイベントです。
場所は、"yu-an miho project"(京都市上京区寺之内通浄福寺西入ル中熊野町332)。
このイベントの撮影を担当しました。
初回は2008年10月でした。
次回は、来週に開かれます。
2009年1月15日(木)~24日(土)

興味深いオブジェが――。
081014mihoproject002.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 1/5 F7.1 ストロボ使用

081014mihoproject003.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 1sec F8 ストロボ使用

奇抜な作品もあります。
081014mihoproject004.jpg
KonicaMinolta α7Digital+17-35mm F3.5G - 2sec F8 ストロボ使用          

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/10(土) 00:05:00|
  2. イベント-庭士と花士-2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平安神宮 2009.1

090106heianjinguu001.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/320 F7.1

新年ということで、縁起をかついで、平安神宮の鳥居をどうぞ!
壁紙にすれば、今年の福を呼び込めるかも!
上の写真は、南側から狙ってみました。

北側から狙うと、こうなります。
090106heianjinguu002.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/160 F6.3

「文化庁 登録有形文化財」なんですね。
090106heianjinguu003.jpg
Sony α900+17-35mm F3.5G - 1/160 F6.3

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/09(金) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岡崎神社 2009.1 その4

090105okazakijinja009.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/25 F4

岡崎神社、つづき。
境内に、もうひとつ鳥居と神社があります。
かなり小さい……。

本堂正面からぐるりと裏側に通じる通路があります。
これは、その東側通路。
この壁面がきれい。
090105okazakijinja010.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/25 F4

境内を引きで撮るとこんな感じ。
右側に黒ウサギ(「子授けうさぎ」)のいる「手水屋形」が見えます。
090105okazakijinja011.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/100 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/08(木) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎神社 2009.1 その3

090105okazakijinja006.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/40 F4

岡崎神社、つづき。
ウサギにまつわるいろんなもの――、提灯です。本堂の左右に吊るしてあります。
これは向かって左側。

右側はこれ。ウサギが反対向きに……。
090105okazakijinja007.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/40 F4

引いて、本堂を正面向かって右寄りから――。
090105okazakijinja008.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/40 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/07(水) 00:05:00|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎神社 2009.1 その2

090105okazakijinja001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/40 F4

岡崎神社、つづき。
本堂の扉の左右をウサギが見守っています。
小さめの白ウサギ。高さ30cmぐらいかな。

拡大するとこんな感じ。
090105okazakijinja002.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/40 F4

本堂は大きくはありませんが、屋根裏などを見ると凝った造りになっているのがわかります。
090105okazakijinja003.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/15 F4

手水屋形にある「子授けうさぎ」。
こちらは黒ウサギです。高さは50cmほどかな。
いつも水をかけられて、びしょびしょでございます。
090105okazakijinja004.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/20 F4

拡大するとよくわかります。
090105okazakijinja005.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/20 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/06(火) 00:59:23|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎神社 2009.1

090104okazakijinja001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/2 F4

京都市左京区、岡崎神社です。
安産祈願で知られる神社で、境内にはウサギの彫像があったりします。ウサギは多産なので、繁栄の象徴としてよく描かれますね。

皆様の、今年一年の幸せをお祈りして――。

近くの平安神宮は、ものすごい人混みでしたが、ここはこんな感じ。
夕方の静寂が心地よい。
090104okazakijinja002.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/4 F4

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/01/05(月) 01:02:59|
  2. 神社shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫路 2008.5 その7

080531himeji021.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/40 F6.3

姫路、つづき。
好古園の水風景をもうちょっと紹介します。
水と草花が豊かに庭園内を飾っています。
庭園の平面図を見れば、ぐるりと水路に囲まれているんですね。
自然の水の流れを、うまく庭園に取り入れています。

水の流れに装いを添える、石の配置も見事です。
080531himeji022.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/50 F6.3

姫路城の借景が庭園内の美しい風景をさらに盛り上げます。
080531himeji023.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/50 F6.3

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/04(日) 00:09:36|
  2. 姫路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫路 2008.5 その6

080531himeji018.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/80 F6.3

姫路、つづき。
好古園をぐるぐると歩いています。
そこここにちょっとした建物があり、それぞれが意匠をこらした造りになっていて、楽しめます。
庭園内は、どこでも水の流れが見えていて、数百年も前に、こんな風に作ったのが不思議に思えてきます。

水が豊かなので、鴨が園内を歩き回っています。
あまり人を怖がらない――。ちょっと不思議な光景。
080531himeji019.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/125 F6.3

ぐるっと回って、初めの池に戻ってきました。
大きな鯉だ……。
080531himeji020.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/25 F5.6

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/03(土) 01:32:18|
  2. 姫路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫路 2008.5 その5

080531himeji015.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/25 F7.1

姫路、つづき。
好古園の中の「お屋敷の庭」と呼ばれるところにある、池です。
優雅に鯉がたくさん泳いでいます。

飛び石などもていねいに配置してあり、行き届いた手入れを感じさせます。
080531himeji016.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/15 F5

これが、この庭園の見どころ。
姫路城を借景としています。
確かに、見事!
080531himeji017.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/500 F5

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/02(金) 01:19:06|
  2. 姫路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (231)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (199)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード