FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

知恩院 2009.8 その9

090815chionin025.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/13 F6.3 ISO-200

知恩院、つづき。
「華麓庵」をちょっとズームアウトして狙ってみます。
苔むした石が重厚な雰囲気を醸し出しています。

水の流れをアップで。
かすかに聞こえる水の音が夏の日差しに嬉しい。
090815chionin026.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/30 F6.3 ISO-200

水の流れの上流側から見るとこんな感じ――。
090815chionin027.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F5.6 ISO-200
スポンサーサイト



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/31(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その8

090815chionin022.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F5.6 ISO-200

知恩院、つづき。
「友禅苑」の中に、「華麓庵」という茶室があります。
これは、そこに至る門です。
-----------------------------------------------------------
京都の名士、大沢家の別邸にありました席を移築されたものです。
裏千家15代、鵬雲齊宗匠の命名になります。
-----------------------------------------------------------

「華麓庵」の建物です。
檜皮葺きの屋根が見えます。
090815chionin023.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/13 F7.1 ISO-200

回り込んでみると、水の流れる庭がありました。
090815chionin024.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/30 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/30(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その7

090815chionin019.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/40 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
宮崎友禅斎の像に寄ってみます。
この姿勢で絵筆を持って仕事をしてたんですね。
緑青が流れたようになってるのは、酸性雨の影響なのでしょうか。
京都国立博物館にあるロダンの「考える人」もこんな状態です。

向って左側に移動してみます。
顔の表情は、描く対象を見ているところなのでしょうか。
090815chionin020.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/125 F5.6 ISO-200

像は、植え込みで囲われ、緑豊かな庭園の中にあります。
090815chionin021.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/100 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/29(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その6

090815chionin016.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
宮崎友禅斎の像があります。
宮崎友禅斎は、「友禅染」の始祖と言われます。
-----------------------------------------------------------
宮崎 友禅斎(みやざき ゆうぜんさい)とは、江戸時代前期から中期に掛けての京都で活躍した扇絵師。花鳥画や源氏物語の姫などの人物画を得意とし、友禅の考案者として有名。来歴不明で出家であったことぐらいしか解っていない。
いつのころからか京都は知恩院前に住居を構え「友禅」と号した友禅斎は、天和ごろ源氏物語の名場面を鮮やかに書いた扇絵が通人に受け名声を博した。 扇絵師という職業柄特に顔料に親しんでいた友禅斎は顔料化した染料を用い、扇絵の上品で華やかな文様を自在に描き出す手法で新感覚の小袖を生み出す。
-----------------------------------------------------------

「宮崎友禅斎像に題す」という石碑が像の近くに設置してあるのですが、痛みが進んでいて、判読できない部分が――。
090815chionin017.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/30 F7.1 ISO-200

こちらは、「華頂友禅苑と宮崎友禅斉像の建設に題す」という金属銘板です。
090815chionin018.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/20 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/28(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その5

090815chionin013.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G -1/125 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「友禅苑」に入っていきます。
ここは枯山水の庭園。白砂と緑、青空が目に鮮やかです。

近づいてみると――百日紅が咲いています。
石橋、灯籠が配置されています。
090815chionin014.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G -1/160 F7.1 ISO-200

目を反対側に向けるとこの光景。
植え込みがかわいく刈り込まれています。
090815chionin015.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G -1/80 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/27(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その4

090815chionin010.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
三門を入って右にある「友禅苑」という庭園に入ってみます。
友禅染の始祖、宮崎友禅ゆかりの庭園です。
入ってすぐに池が目に入ります。その中央に、石造り三段構えの台が据えられており、上に彫刻家 高村光雲作 の聖観音像が置かれています。

池には鯉が泳ぎ回っています。
090815chionin011.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F7.1 ISO-200

観音像をアップにしてみます。
右足がちょっと前に出ていて、動きが表現されています。
090815chionin012.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/80 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/26(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その3

090815chionin007.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
三門をくぐりながら、内部を狙ってみます。
三門が額縁のようになって、向こう側の緑を引き立てます。

三門をくぐると、正面に「男坂」があります。
090815chionin008.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/30 F7.1 ISO-200

向って右側に移動すると「女坂」です。
なだらかな坂道をゆっくり登ります。
090815chionin009.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/25(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その2

090815chionin004.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
場所は京都市東山区。
三門に向って右側に石灯籠がありました。

迫力ある三門を再度狙ってみます。
090815chionin005.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F7.1 ISO-200

「法然上人八百年大遠忌法要」が再来年開かれます。
090815chionin006.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/24(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8

090815chionin001.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/160 F5.6 ISO-200

浄土宗総本山、知恩院です。
場所は、京都市東山区。
鎌倉時代に法然上人が住み、徳川家康、秀忠、家光によって現在の寺域が作られました。
全国に7,000の寺院と600万人の信徒を擁する浄土宗の総本山です。
上の写真は、三門(国宝)――高さ24m、幅50m、木造の門としては世界最大級です。

「華頂山」という寺号額が掲げられています。
090815chionin002.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/160 F7.1 ISO-200

国宝に指定されたのは2002年なんですね。
けっこう最近なので、びっくり。
090815chionin003.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/80 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/23(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川の納涼床 2009.8 その5

090814kamogawa013.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/40 F6.3 ISO-200

鴨川の床(ゆか)、つづき。
「祇園歌舞練場」のあたり。
日が暮れてきて情緒が出てきました。
カップルもきれいに並んでるなぁ。

南に向いて広く撮ってみます。
ずらりと並ぶ店――お客さんも出揃ってきました。
090814kamogawa014.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/40 F5.6 ISO-200

北に向かって三条大橋まで――。
090814kamogawa015.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/40 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/22(土) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川の納涼床 2009.8 その4

090814kamogawa010.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/80 F6.3 ISO-200

鴨川の床(ゆか)、つづき。
新緑がきれいです。そろそろ日が暮れてきました。

奥に見えるのは三条大橋。
このあたりは、カップルが多い。微妙な間隔で並び始めています。
090814kamogawa011.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/50 F6.3 ISO-200

鴨川の流れが涼しげです。
店にお客さんが入ってきています。
090814kamogawa012.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/30 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/21(金) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川の納涼床 2009.8 その3

090814kamogawa007.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/50 F6.3 ISO-200

鴨川の床(ゆか)、つづき。
ほのかに点灯される提灯、そぞろ歩く人たち、手前の新緑――夏の京都を演出します。

新緑のカエデを狙ってみます。
090814kamogawa008.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/60 F6.3 ISO-200

小鷺(コサギ)がゆうゆうと飛び回っていました。
090814kamogawa009.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/200 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/20(木) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川の納涼床 2009.8 その2

090814kamogawa004.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/40 F6.3 ISO-200

鴨川の床(ゆか)、つづき。
カップルが岸に沿ってすわっています。
カップルが増えると、微妙な距離を開けて並ぶ現象が見られますが、まだそこまでは増えてないようです。

北向きに狙うとこんな感じ。
提灯がちらほら点灯しています。
090814kamogawa005.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/80 F6.3 ISO-200

モダンな雰囲気のビルは「祇園 歌舞練場」です。
壁面には「鴨川をどり」の文字が――。
090814kamogawa006.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/60 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/19(水) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川の納涼床 2009.8

090814kamogawa001.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/80 F7.1 ISO-200

鴨川の床(ゆか)です。
毎年5月1日~9月30日、鴨の河原(鴨川)の水辺で「京の夏の風物詩‐納涼床」が開かれています。

それぞれの納涼床は、提灯を吊るしたり、葭簾(よしず)を置いたりして涼しさを演出しています。
090814kamogawa002.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/80 F7.1 ISO-200

川岸には百日紅(さるすべり)が咲き誇っていました。
090814kamogawa003.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/125 F5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/18(火) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五山の送り火 2009.8

090816okuribi001.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/25 F5.6 ISO-3200

五山の送り火
毎年8月16日に行われます。
まずは、大文字山。点火は20:00です。
撮影場所は、下鴨神社の東あたりの川端通りです。
ビルの間から覗くような感じですが、ほぼ正面から見ることができます。
「大」の最終画のはらいが長いことがよくわかります。

左京区松ヶ崎にある「妙法」――まずは、万灯籠山(松ヶ崎西山)の「妙」。
北山通り、ノートルダムのちょっと東あたりから撮影。
点火は20:10です。
090816okuribi002.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/25 F5.6 ISO-3200

こちらは、大黒天山(松ヶ崎東山)の「法」です。
北大路橋のやや北、障害者スポーツセンターあたりの川端通りから撮影。
点火は20:10。
090816okuribi003.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/25 F5.6 ISO-3200

北山通りから「船形」(西賀茂の明見山)が見えました。
上の「妙」から50mほど東で撮影。
点火は20:15。
「五山の送り火」には、他に「左大文字」「鳥居」があるのですが、このふたつは京都市内の西のほうになるので、一度に見られるのはここまででした。
090816okuribi004.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/25 F5.6 ISO-3200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/17(月) 00:09:00|
  2. 京都の年中行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

貴船の川床 2007.6 その2

070623kibune004.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 0.8sec F ISO-200

貴船の川床です。場所は京都市左京区。
川床で楽しむ人々をこっそり狙ってみました。
葭簀(よしず)が涼しげです(葭簾は横山竹材店の製品)。

「ひろ文」というお店です。
豊かな水量の貴船川の上に川床がしつらえてあります。
070623kibune005.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1.6sec F9 ISO-200

日が暮れると灯りがともります。
灯りは竹で作られた灯籠です。
070623kibune006.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 4sec F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/16(日) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴船の川床 2007.6

070623kibune001.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1/3 F8 ISO-200

貴船の川床です。場所は京都市左京区。
涼しげな清流が印象的です。
貴船川の上に「川床(かわどこ)」を出して訪れる客に飲食を提供してくれます。

川床に上がって撮影するとこんな感じ。
ちょっとスリルがあります。
070623kibune002.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1.6sec F7.1 ISO-200

下流に向かって撮るとこんな感じ。
提灯の光になごみます。
070623kibune003.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1.6sec F14 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/15(土) 00:09:00|
  2. 京都の店shops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡蓮 百日紅 2008.8

080802rakusui001.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/15 F8 ISO-100

植治の庭、京都市左京区。南禅寺近く。
睡蓮がと水面のコントラスト、池周辺の穏やかさ――心なごむ空気です。

百日紅(サルスベリ)が緑豊かな庭園に映えます。
080906rakusui001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/80 F4 ISO-200

百日紅(サルスベリ)をアップで狙ってみます。
080906rakusui002.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/100 F4 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/14(金) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百日紅 姫百日紅 2008.8

080825rakusui001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/60 F4 ISO-200

植治の庭、京都市左京区。南禅寺近く。
姫百日紅(ヒメサルスベリ)が可愛く鮮やかに咲いています。
奥には池と画仙堂が見えます。

お隣にも可愛く咲いていました。
080827rakusui001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/80 F4 ISO-200

こちらは池の西側から狙った百日紅(サルスベリ)。
新緑とピンクのコントラストがきれいです。
080827rakusui002.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/50 F4 ISO-200

屋根に登って池全体を狙ってみました。
この池は琵琶湖の形を模したものと言われています。
080830rakusui001.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/10 F7.1 ISO-100

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/13(木) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百日紅 姫百日紅 飛び石 2008.8

080808rakusui004.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/60 F6.3 ISO-200

植治の庭、京都市左京区。南禅寺の近くにあります。
百日紅(サルスベリ)が夏の日差しに映えます。

こちらは、池のほとりにある姫百日紅(ヒメサルスベリ)。
かわいく上品な雰囲気。
奥に見えるのは画仙堂です。
080816rakusui001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/60 F6.3 ISO-200

庭園の西の端は光があまり差し込まないように造られています。
新緑、水面、飛び石――凝縮された美しさを感じます。
080816rakusui002.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/60 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/12(水) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡蓮 2008.7

080808rakusui001.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/500 F3.5 ISO-200

植治の庭、場所は京都市左京区、南禅寺近く。
睡蓮がふたつ――仲良しカップルのようです。

水面の反射がキレイなものを狙ってみました。
080808rakusui002.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/500 F3.5 ISO-200

池周辺の緑もキレイです。
080808rakusui003.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/500 F3.5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/11(火) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡蓮 2008.7

080716rakusui001.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/50 F8 ISO-200

植治の庭、京都市左京区。南禅寺の近くにあります。
睡蓮が咲き、その奥には「画仙堂」という建物があります。

睡蓮をちょっと大きく狙ってみると――。
080716rakusui002.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/40 F8 ISO-200

池にかかる「臥龍橋」という石橋の向こう(東側)には、びっしりと睡蓮が咲いています。
手前の石の上で鴨が羽ばたいています。「臥龍橋」の上にも1羽の鴨が……。
080716rakusui003.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/50 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/10(月) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨と睡蓮 2008.7

080715rakusui001.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/125 F4.5 ISO-200

植治の庭、場所は京都市左京区。南禅寺の近くです。
鴨が気持ちよさそうに泳いでいます。

睡蓮が咲き誇る池で――鴨は睡蓮には興味ないようです。
080715rakusui002.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/125 F5.6 ISO-200

水面が鏡のようになって、睡蓮を引き立てます。
080715rakusui003.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/500 F3.5 ISO-200

池周辺の風景を入れて狙うとこんな感じ。
濃い緑の葉が水面に映ります。
080715rakusui004.jpg
KonicaMinolta α7Digital 80-200mm F2.8G - 1/500 F3.5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/09(日) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

池と新緑 2008.7

080712rakusui001.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1/30 F5.6 ISO-200

植治の庭、場所は京都市左京区。南禅寺の近くです。
柔らかい光に池と新緑が映えます。

池の東端には小さな滝があります。
透明な水は琵琶湖疏水から引きこんだもの。
080712rakusui002.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1/10 F10 ISO-200

タテ位置で狙うとこんな感じ。
奥行き感が強調されます。
080712rakusui003.jpg
KonicaMinolta α7Digital 17-35mm F3.5G - 1/30 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/08(土) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑と睡蓮 2008.7

080705rakusui001.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/40 F6.3 ISO-200

植治の庭、場所は京都市左京区。南禅寺の近くです。
朝日に映える新緑がきれいです。

睡蓮がかわいく並んでいます。
080705rakusui002.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/125 F3.5 ISO-200

ちょっと目立つ花を狙ってみます。
080705rakusui003.jpg
KonicaMinolta DiMageA2 28-200mm - 1/160 F3.5 ISO-200

池全体とその向こうに建つ「画仙堂」、手前の睡蓮の透明感が際立ちます。
080707rakusui001.jpg
Sigma DP1 28mm F4 - 1/100 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/07(金) 00:09:00|
  2. 庭園gardens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光東照宮 2009.5 その68

090523nikko215.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/125 F5.6 ISO-400

日光東照宮、つづき。
すでに東照宮を出て、「二荒山神社」に来ています。
本殿のアップです。迫力ある瓦屋根――東照宮の細密な装飾とは違う世界です。

「二荒山神社」に属している「神橋(しんきょう)」です。
-----------------------------------------------------------
日光山内(にっこうさんない)の入り口にある神橋(しんきょう)は、幅6メートル、長さ27メートルの朱塗りのアーチ橋です。現在の形になったのは寛永11年(1634年)日光東照宮の大造替(だいぞうたい)の際で、記録によればこの時に将軍・勅使・行者以外の往来を禁止(一般の人は通行できない)したとされています。
この橋は山管蛇橋(やますげのじゃばし)という別名もあります。これは、天平神護2年(766年)、この地に、勝道上人(しょうどうしょうにん)が二荒山で修行をするために訪れた時に、大谷川(だいやがわ)の急流に行く手を阻まれてしまった時に、神仏に加護を祈ると深沙大王(じんじゃだいおう)が現れ、赤青2匹の蛇で両岸をつなぎ、その背に山管を生やし勝道上人を対岸に渡したという伝説からきています。
-----------------------------------------------------------
現在のようすを ライブカメラ で見ることができます。

090523nikko216.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/500 F4.5 ISO-400

「神橋(しんきょう)」を引きで狙うとこんな感じ。
透明な水と緑が目に鮮やかです。
090523nikko217.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/100 F8 ISO-400

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/06(木) 00:09:00|
  2. 日光東照宮2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光東照宮 2009.5 その67

090523nikko210.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/500 F4.5 ISO-400

日光東照宮、つづき。
「本地堂」から「仁王門」を抜けて、元のところに戻ってきました。
「神厩舎(しんきゅうしゃ)」(「見ざる・聞かざる・言わざる」のある建物)が正面左手に見えます。

東照宮から「二荒山神社」を目指します。
この道、馬車が通るようになっていて、右側が「馬車道」と指定されています。
090523nikko211.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F5.6 ISO-400

「二荒山神社」に着きました。
-----------------------------------------------------------
御祭神 二荒山大神 (ふたらやまのおおかみ)
     =親子3神を祀る
       大己貴命    (おおなむちのみこと)      父
       田心姫命    (たごりひめのみこと)      母
       味耜高彦根命 (あじすきたかひこねのみこと) 子

古くより、霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)=標高2,486メートルを神の鎮まり給う御山として尊崇したことから、御山を御神体山と仰ぐ神社で、日光の氏神様でもあります。
-----------------------------------------------------------
090523nikko212.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F5. ISO-400

この門をくぐって進みます。
東照宮に比べて、あまりにも装飾が少ないので、拍子抜け。
これが“普通”ではあるのですが……。
090523nikko213.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F5. ISO-400

こんな感じの広々とした境内です。
090523nikko214.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/160 F5.6 ISO-400

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/05(水) 00:09:00|
  2. 日光東照宮2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光東照宮 2009.5 その66

090523nikko208.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

日光東照宮、つづき。
「本地堂(ほんじどう)」の入口の彫刻。
柱も梁も豪華な装飾です。

「がぉ~!」と叫ぶ金色の動物――これは麒麟?
090523nikko209.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/04(火) 00:09:00|
  2. 日光東照宮2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光東照宮 2009.5 その65

090523nikko203.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

日光東照宮、つづき。
「陽明門」向って左側にある「本地堂(ほんじどう)」に向かいます。
内部には「鳴龍(なきりゅう)」という狩野派の天井画があるのですが、内部は撮影禁止――。
入口あたりを撮影しておきます。
この建物も豪華な彫刻で装飾されています。
-----------------------------------------------------------
本地堂は寛永12年(1635)に建てられ、桁行7間、梁間5間、入母屋、銅瓦葺き、3間の向拝が付いています。
規模としては東照宮最大の建物で、本尊が薬師瑠璃光如来像であることから薬師堂とも言われています。
天井には狩野派が描いた8mの竜がありその下で手を打つと鳴き竜現象が起こりましたが、昭和35年に火災により焼失し、その後再建されています。
-----------------------------------------------------------

松、竹、鳥などを極彩色で飾った彫刻をアップで狙ってみます。
090523nikko204.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

090523nikko205.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

090523nikko206.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

090523nikko207.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/50 F4.5 ISO-400

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/03(月) 00:09:00|
  2. 日光東照宮2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光東照宮 2009.5 その64

090523nikko200.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/400 F4.5 ISO-400

日光東照宮、つづき。
「廻廊」の彫刻のアップを見ていましたが、引きで撮るとこんな感じ。
奥にあるのは「陽明門」です。

さらに、前の通路の部分を撮影してみます。
右手にある建物は、手前が「鼓楼」、奥が「鐘楼」です。
090523nikko201.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/1250 F4.5 ISO-400

明るい彩色が特徴的な「鼓楼」です。
090523nikko202.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/80 F4.5 ISO-400

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/02(日) 00:09:00|
  2. 日光東照宮2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (231)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (199)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード