FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

舞鶴の赤れんが 2009.9

090920akarenga001.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/250 F6.3 ISO-200

京都府舞鶴市、「赤れんが博物館」です。
風格のある赤れんがの建物です。元は海軍の施設として建設されたもの。現在は「赤れんが博物館」として整備され、多くの観光客でにぎわっています。
-----------------------------------------------------------
明治36年(1903)に旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫として建設されたもので、本格的な鉄骨構造のれんが建築物としてはわが国に現存する最古級のものとされています。
-----------------------------------------------------------

入口付近にあるガス燈――ではなく、デザインされた電燈でした。
090920akarenga002.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/1000 F3.5 ISO-200

入口側の建物全景です。
前庭が広くとってあり、ゆったりとした雰囲気です。
090920akarenga003.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F8 ISO-200
スポンサーサイト

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/30(水) 00:09:00|
  2. 舞鶴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その10

090919sennyuji026a.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 5.0sec. F13 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「仏殿」(重要文化財)がライトアップされ、荘厳な雰囲気を醸し出しています。

参道を「大門」に向って進んで振り返ります。
道の両端の行灯に照らされた参道が雰囲気を盛り上げます。
090919sennyuji027.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 5.0sec. F13 ISO-200

帰りに「大門」を振り返ってみます。
090919sennyuji028.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.0sec. F10 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/29(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その9

090919sennyuji024.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F18 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「別格本山 雲龍院」――入口の門を振り返ってみます。
奥に本堂の建物が見えます。「西国薬師第四十番霊場」の表示があります。

帰り道を「大門」に向かって――花灯路行灯がやっぱり美しい。
090919sennyuji025.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F18 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/28(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その8

090919sennyuji022.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F16 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「別格本山 雲龍院」の本堂の正面にある勅使門です。
天皇陛下のお使いはここを通ってやってきました。
庭園も緻密に作られています。

本堂を後に、前庭を抜けて入口の門に向かいます。
振り返るとこの風景――行灯が雰囲気を盛り上げます。
090919sennyuji023.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F14 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/27(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その7

090919sennyuji019.jpg
Sony α900 50mm F2.8Macro - 5.0sec. F14 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「別格本山 雲龍院」の中にある注目のスポット。
「悟りの窓」です。
窓の向こうにはライトアップされた庭園の梅が見えます。

こちらは「迷いの窓」
090919sennyuji020.jpg
Sony α900 50mm F2.8Macro - 5.0sec. F18 ISO-200

本堂の中、向って右にある写経をする場所です。
090919sennyuji021.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.0sec. F16 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/26(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

泉涌寺 2009.9 その6

090919sennyuji016.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.5sec. F16 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「別格本山 雲龍院」の庭園を、建物との対比で狙ってみます。
建物の廊下にも行灯が置かれ、雰囲気を盛り上げています。

まっすぐな廊下が行灯の光に浮かび上がります。
090919sennyuji017.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.5sec. F16 ISO-200

タテ位置で狙ってみます。
090919sennyuji018.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F16 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/25(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その5

090919sennyuji013.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 4.0sec. F16 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「御寺 泉涌寺」の別院、「別格本山 雲龍院」の庭園です。。
見事にライトアップされて、和みと幽玄の空間を演出しています。

白壁の建物が見えます。
090919sennyuji014.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F14 ISO-200

こちらは、庭園内にある白壁の倉でしょうか。
090919sennyuji015.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 5.0sec. F14 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/24(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その4

090919sennyuji010.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F14 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「御寺 泉涌寺」の別院、「別格本山 雲龍院」に向かいます。
入口までの通路に、このとおり花灯路が設置されています。

「雲龍院」の入口です。
階段に行灯が置いてあります。
090919sennyuji011.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.5sec. F18 ISO-200

「雲龍院」の庭園です。
ライトアップされ、心和む空間が広がります。
090919sennyuji012.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 4.0sec. F16 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/23(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その22

090815chionin064.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/100 F5.6 ISO-200

知恩院の敷地内に「京都解放運動戦士の碑」があります。
8月の知恩院のつづきとして、追加しておきます。

説明がありました。
-----------------------------------------------------------
碑の由来
日本人310万人、アジア人2,000万人が殺された第二次世界大戦、その多大な惨禍と犠牲を払って、私たちは、主権在民と平和主義を基調とする日本国憲法と自由を獲得しました。それまでは平和や主権在民を唱えることも、また、働くものが生活と権利を守るため自ら団結することも、治安維持を名目に、犯罪として厳しく取り締まられ、苛酷に弾圧されました。このなかにあって、平和と自由を求め、民主的日本の建設を願い、万人の幸福な社会の実現を志して、進歩的・革新的社会運動に身を投じ、逮捕・投獄され、獄死・虐殺、また、不幸にして病死された、少なくない先覚者がいました。
このようにわが国の平和・民主運動に尽くされ、逝去された京都にゆかりのある有名・無名の解放運動戦士の方がたを合祀し、その遺業を顕彰するため。、京都旧友クラブ、日本国民救援会京都府本部のよびかけた建碑運動によって、1958年3月15日、京都解放運動戦士の碑はここに建立されました。
この碑は、京都大学名誉教授・西山卯三氏の設計で、赤旗が柩を覆った形を表しています。正面レンガ壁に嵌められた碑文は、学校法人立命館名誉総長・末川博氏の揮毫によるもので、地下には合祀者の銘牌が収められています。敷地は知恩院本山のご好意により、永代無償で借用させていただいています。また1993年4月に、傷んだ部分の補修にあたり、寄せられた労働組合や民主団体をはじめ、ご遺族や心ある方がたの浄財によって、屋根部分に赤御影石を、基壇部分に白御影石を配するなど、全面的な改修がされました。
先人の幾多の辛苦と献身の「いしずえ」の上に、今の私たちの社会があり、進歩と革新の社会運動があることに永遠の感謝を捧げ、その遺業を継承・発展させる決意の場として、毎年5月の第2日曜日には、新たに解放運動戦士を合祀する追悼祭を盛大に挙行しています。
1993年5月9日
京都解放運動戦士の碑 維持委員会
-----------------------------------------------------------
090815chionin065.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F5.6 ISO-200

引いて狙うとこんな感じ。
敷地は広いのですが、建物は小ぢんまりとひっそりと――。
090815chionin066.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/22(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その3

090919sennyuji007.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F11 ISO-200

泉涌寺、つづき。
これは「舎利殿」という建物。
建物内部がほのかに光っています。
-----------------------------------------------------------
舎利殿
舎利殿は、釈迦の仏牙舎利を奉安する貴重な霊殿である。
慶長年間、京都御所の建物を移築改装したもので、仏殿と同時代に現位置へ移された。
開山俊律師が熱願された舎利を、弟子の湛海律師が安貞2年(1228)に宋朝より将来し遷座した。
現在同時に将来された韋駄天像・月蓋(がつがい)長者像(共に重文)とともに内陣に奉祀されている。
-----------------------------------------------------------

寄ってみます。
090919sennyuji008.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.5sec. F11 ISO-200

夕方の空に映える荘厳な姿――。
090919sennyuji009.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 3.2sec. F11 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/21(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9 その2

090919sennyuji004.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1.3sec F18 ISO-200

泉涌寺、つづき。
「大門」の北側に回ってみます。ライトアップされた「大門」と、その左手にある「楊貴妃観音堂」の石庭が見えます。
-----------------------------------------------------------
楊貴妃観音堂
大門を入って左手奥の堂内、六羅漢像の中央に安置される聖観音像(重文)で湛海律師が寛喜2年(1230)月蓋長者像などとともに将来された像である。
-----------------------------------------------------------

「楊貴妃観音堂」の建物です。
090919sennyuji005.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/3 F13 ISO-200

建物右側の石庭です。
090919sennyuji006.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 0.8sec F16 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/20(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉涌寺 2009.9

090919sennyuji001.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/13 F5 ISO-200

泉涌寺(京都市東山区)です。
2009年の連休中、9月21日~23日にライトアップとイベントがあります。
これは、「仏殿」(重要文化財)に向かう「大門」。
「御寺 泉涌寺(みてら せんにゅうじ)」というのですね。
-----------------------------------------------------------
御寺 泉涌寺
■夜間特別拝観と参道花灯路(2009年)
前期 9月21日(日)~23日(水・祝)
後期 11月12日(木)~16日(月)
午後6:00~9:00

■イベント
20日、21日、22日
マリンバとピアノ コンサート
菅原 淳(マリンバ)
森 浩司(ピアノ)
22日
幻想的な龍の舞
夜光龍(スミナスドラゴン)
23日
ピアノとオーボエ コンサート
小林万里子(ピアノ)
大島弥州夫(オーボエ)
-----------------------------------------------------------

「大門」から振り返ると花灯路の行灯が並べられています。
この雰囲気――嵐山(12月)岡崎(3月)にも見られましたね。
090919sennyuji002.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 2.5sec F18 ISO-200

「大門」をくぐると「仏殿」(重要文化財)が見えます。
そこに至るまでの砂利道にも行灯が並べられています。
090919sennyuji003.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/2 F13 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/19(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比叡山~延暦寺 2009.8 その6

090818hieizan016.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/160 F5.6 ISO-400

ガーデンミュージアム比叡に入ってみます。
陶板に描いた名画が展示してある庭園です。
これは中にある池――モネの「睡蓮」をイメージしたものでしょうか。

ドガの絵の陶板が見えます。
090818hieizan017.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/125 F6.3 ISO-400

比叡山の京都市側のケーブルカーに乗り込んで下山します。
090818hieizan018.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/320 F8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/18(金) 00:09:00|
  2. 比叡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比叡山~延暦寺 2009.8 その5

090818hieizan013.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/50 F6.3 ISO-400

比叡山・延暦寺、つづき。
根本中堂の中をぐるぐる~っと――。

根本中堂に向かうゆるい階段です。
振り返って撮ってみました。
このモダンアートのような手すり――最近できたような気がする。
090818hieizan014.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/200 F4 ISO-400

バスに乗って山頂にきました。
山頂から琵琶湖を南向きに望んでみます。
090818hieizan015.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/1000 F6.3 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/17(木) 00:09:00|
  2. 比叡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比叡山~延暦寺 2009.8 その4

090818hieizan010.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/50 F5.6 ISO-400

比叡山・延暦寺、つづき。
根本中堂の中をぐる~りとめぐってみます。

緑の葉と丹色が鮮やかです。
090818hieizan011.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/125 F5 ISO-400

本堂側から入口側を見るとこんな感じ。
090818hieizan012.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/125 F5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/16(水) 00:09:00|
  2. 比叡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比叡山~延暦寺 2009.8 その3

090818hieizan007.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/800 F7.1 ISO-400

比叡山坂本ケーブル――登るとこんな風景が広がります。
はるかに琵琶湖の北の端の方まで見渡せます。

比叡山・延暦寺に近づいてきました。
木立ちの向こうに「根本中堂(重要文化財)」の屋根が覗きます。
090818hieizan008.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/60 F7.1 ISO-400

比叡山・延暦寺の根本中堂に入ります。
090818hieizan009.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/50 F5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/15(火) 00:09:00|
  2. 比叡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比叡山~延暦寺 2009.8 その2

090818hieizan004.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/60 F4 ISO-200

比叡山坂本ケーブルに乗り込みます。
「縁号」と「福号」があるケーブルカーですが、こちらは「縁号」。
-----------------------------------------------------------
この坂本ケーブルを象徴する二文字、「縁」と「福」は、白寿を迎えられた、ときの第253代 天台座主・山田恵諦猊下が、お詣りされる皆様に、良いご「縁」と幸「福」が訪れるようにと祈りを込めて揮毫されました。
-----------------------------------------------------------

2025mの道中――途中にはトンネルもあります。
090818hieizan005.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/400 F5.6 ISO-200

真中で「福号」と出会いました。
090818hieizan006.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/15 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/14(月) 00:09:00|
  2. 比叡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比叡山~延暦寺 2009.8

090818hieizan001.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/60 F7.1 ISO-200

比叡山に登りました。
京阪電車・石坂線「坂本」から歩いて20分ほど――
比叡山坂本ケーブルの「坂本駅」です。
-----------------------------------------------------------
石積みのある門前町坂本と、世界文化遺産である比叡山延暦寺の表参道として1927(昭和2)年に敷設された坂本ケーブル。
登録有形文化財に選定されたケーブル坂本駅とケーブル延暦寺駅間、日本最長の2025mを11分で結ぶ、パノラマワイドな窓をもつヨーロッパ調の車両「縁号」「福号」が人気を博しています。
途中、ケーブルカーには珍しい途中駅2か所や、橋梁7か所、トンネル2か所と変化に富む車窓からは、登るにつれて素晴らしい琵琶湖の景観が大きく広がります。
-----------------------------------------------------------

駅の入口に「登録有形文化財」と大きく表示されています。
090818hieizan002.jpg
Sony α900 24-50mm F4 - 1/60 F4 ISO-200

ケーブルカーは「縁号」「福号」の名前がついています。
チケットに、その表示があります。
090818hieizan003.jpg
Canoscan 9900F

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/13(日) 00:09:00|
  2. 比叡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

知恩院 2009.8 その21

090815chionin061.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F5.6 ISO-200

知恩院、つづき。
「大方丈」の横を抜けて「方丈庭園」をあとにします。

「智慧乃道」という階段です。
風格ある緩い石段です。
090815chionin062.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F5.6 ISO-200

美しい文字で書かれています。
090815chionin063.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/12(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その20

090815chionin058.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F5.6 ISO-200

知恩院、つづき。
「権現堂」の廟の建物です。
大きなものではありませんが、徳川家康、秀忠、家光の三代の霊をまつってあると思うと厳粛な気持ちに――。

振り返ると「小方丈」の屋根が見えます。
手入れの行き届いた樹木が目を引きます。
090815chionin059.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/125 F5.6 ISO-200

ふたたび「小方丈」の前を通って帰り道――。
090815chionin060.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/100 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/11(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その19

090815chionin055.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/320 F5.6 ISO-200

知恩院、つづき。
「小方丈」をさらに進むと「権現堂」があります。
向う門の手前に説明がありました。
-----------------------------------------------------------
権現堂
正式には権現様影堂と称する。
知恩院と浄土門のために外護者となって、現在の輪奥の美の基礎を築いた徳川家康、秀忠、家光の三代の霊をまつる廟宇である。
たび重なる火災によって焼失、現在の建物は昭和49年浄土開宗800年を記念して再建されたものであり、お茶室は葵庵と名付けられた庭園と独自の美しさをあらわしている。
-----------------------------------------------------------

大きくはありませんが、風格のある庭園が見えます。
090815chionin056.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/250 F5.6 ISO-200

廟に向かう階段が厳粛な雰囲気を醸し出しています。
090815chionin057.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/150 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/10(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その18

090815chionin052.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F5.6 ISO-200

知恩院、つづき。
「方丈庭園」の中の「二十五菩薩の庭」という池を中心とした庭です。

石と植え込みの凝った配置が見えます。
090815chionin053.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/30 F5.6 ISO-200

説明がありました。
-----------------------------------------------------------
この庭は、知恩院所有の国宝「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」を基にしたもので、臨終の時に念仏を称えれば阿弥陀如来と二十五菩薩がお浄土へ迎えてくださる様子を作庭したものである。
庭に配置されている石は阿弥陀如来と二十五菩薩を、植え込みは、来迎雲を表している。
-----------------------------------------------------------
090815chionin054.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/125 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/09(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その17

090815chionin049.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/160 F6.3 ISO-200

知恩院、つづき。
「大方丈」を右に抜けるとこんなまっすぐの道――「小方丈(こうほうじょう)」に向かいます。

ちょっと右に振ると庭園と池が目に入ります。
090815chionin050.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/100 F5.6 ISO-200

説明がありました。
-----------------------------------------------------------
小方丈は、正面22メートル、奥行き19メートルの入母屋造りで寛永18年(1641年)に建立されました。
将軍が上洛された折にお泊りになった所で、この建物は6つの部屋から成り、貴重な襖絵や障壁画でよく知られている。
これらの絵は、江戸時代に完成された狩野派の傑作で、簡素な筆使いに特徴があり、部屋に落ち着いた雰囲気を与えている。
-----------------------------------------------------------
090815chionin051.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/500 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/08(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その16

090815chionin046.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「方丈庭園」の中の石段を下りてみます。

木立ちの間から「大方丈」の建物が見えます。
090815chionin047.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F7.1 ISO-200

「大方丈」の建物の前にある姫百日紅(ヒメサルスベリ)。
新緑の中にピンクが鮮やかです。
090815chionin048.jpg
Sony α900 80-200mm F2.8G - 1/160 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/07(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その15

090815chionin043.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「方丈庭園」の東側の石段を登ると池が望めます。新緑の木立ちに映えます。

「方丈庭園」の東、小高い場所に「勢至堂」(重要文化財)があるのですが――工事中でブルーシートがかかっていました。
-----------------------------------------------------------
勢至堂
法然上人終焉の地である大谷禅坊の旧跡で、知恩院最古の建物です。
後奈良天皇の勅額(知恩教院)が掲げられています。
-----------------------------------------------------------
――というわけで、そこに至る石段を撮ってみました。
凝った造りになっているのがわかります。
090815chionin044.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/30 F7.1 ISO-200

石段に立って再び見てみます。
「大方丈」の建物が見えます。
090815chionin045.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/06(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その14

090815chionin040.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/15 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「方丈庭園」を歩いてみます。
意匠をこらした石畳、石橋が見えます。

木立ちの間から、「大方丈」の建物と池を見てみます。
090815chionin041.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/60 F7.1 ISO-200

あっち向いたりこっち向いたりしながら――石橋を渡ってみます。
その先には石段も見えます。
090815chionin042.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/15 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/05(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その13

090815chionin037.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/400 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「方丈庭園」の中に入ってきました。
「大方丈」の建物です。

ちょっと引きで、庭園を入れて狙ってみました。
090815chionin038.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/500 F5.6 ISO-200

説明がありました。
-----------------------------------------------------------
寛永18年(1641年)に建立された大方丈は、正面30メートル、奥行き25メートルの重厚な建物で、京都随一の名書院として知られている。
11の部屋から成り、美しい襖絵や障壁画で有名である。
これらの豪華な絵には、菊や鷺、柳や松、梅や鶴が描かれており、狩野派の作である。
その華やかな色使いは洗練された気品を感じさせる。
上段之間は、江戸時代に将軍が大名と謁見する時に使われた。
-----------------------------------------------------------
090815chionin039.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/640 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/04(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その12

090815chionin034.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「方丈庭園」に来ました。
大きな石灯籠が迎えてくれます。
-----------------------------------------------------------
僧・玉淵坊によって作庭されたと伝えられています。
池泉回遊式の庭園で、背景に迫る東山とともに情緒あふれる庭園です。
-----------------------------------------------------------

「方丈庭園」の中の「大方丈(おおほうじょう)」という建物です。
寛永18年(1641年)に建立された檜皮葺き・入母屋造りの華麗な書院建築で、美しい白壁が印象的です。
090815chionin035.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/125 F7.1 ISO-200

「大方丈」の前にある池――小さな石橋、灯籠が見えます。
090815chionin036.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/40 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/03(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その11

090815chionin031.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/160 F7.1 ISO-200

知恩院、つづき。
「御影堂」(国宝)に向かいます。
途中にある手水舎――外国人に声をかけると、「デンマークから」「アメリカから」「フランスから」と、国際的でありました。

「寶佛殿」――阿弥陀如来立像と四天王像を安置しています。
090815chionin032.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/125 F7.1 ISO-200

「御影堂」の前に来ました。
-----------------------------------------------------------
法然上人の御影をまつる知恩院の本堂。
寛永16年(1639年)に徳川家光公によって建てられました。
堂内は4千人が入れるほど広々としています。
大扉の釘かくしの意匠なども趣向がこらされています。
-----------------------------------------------------------
090815chionin033.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/80 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/02(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知恩院 2009.8 その10

090815chionin028.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F5.6 ISO-200

知恩院、つづき。
「友禅苑」の中のもうひとつの庭園、「白寿庵」です。
-----------------------------------------------------------
当山門跡、現有猊下白寿の記念に建てられた席です。
裏千家第14代、淡淡齊宗匠の命名になります。
康孝猊下白寿記念に友禅苑に移築されました。
-----------------------------------------------------------

回り込んでみます。
「白寿庵」の銘板が見えます。
090815chionin029.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/50 F5 ISO-200

竹の手すり、飛び石と砂利を配した通路が印象的です。
090815chionin030.jpg
Sony α900 17-35mm F3.5G - 1/15 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/01(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (224)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (170)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード