FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

高瀬川一之船入 2010.1

100116takasegawa001.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/60 F7.1 ISO-200

「高瀬川一之船入」(京都市中京区)です。
運河として掘削された高瀬川沿いには、江戸時代、藩の屋敷や材木商などが立ち並び、舟を引き入れて物資の積み下ろしをするための舟入が数ヶ所ありました。
そのうち、現在残っているのは、この「一之船入」(木屋町二条下る)だけです。
2009年11月、ここから南の方にあった、5ヶ所の「舟入」の石碑が建立されました。
-----------------------------------------------------------
京都市中京区の木屋町通沿いの商店主らでつくる木屋町共栄会などがこのほど、通りを流れる高瀬川沿いにあった「舟入」跡に石碑を建立し18日、建立を祝う式典があった。
石碑は、高瀬川沿いの三条下ル「五之舟入」から四条上ルの「九之舟入」跡まで5本を建立した。
京の流通を支えた木屋町の歴史を知ってもらおうと、同共栄会と立誠高瀬川保勝会が実施し、高瀬川の歴史に詳しい石田孝喜さん(85)が監修した。舟入の場所は、過去の記録や聞き取りなどで特定した。
(京都新聞 2009年11月19日)
-----------------------------------------------------------

慶長19年(1614年)、角倉了以が高瀬舟の船溜として作った掘割です。
現在は十五石積の復元された高瀬舟が係留され、当時を偲ぶことができます。
100116takasegawa002.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/60 F16 ISO-400

「舟入の灯影に明くる春の雪」(那須乙郎)の俳句の石碑があります。
100116takasegawa003.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F7.1 ISO-200
スポンサーサイト



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/02/24(水) 00:09:00|
  2. 幕末~維新の京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (231)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (199)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード