FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

大原~実光院 2010.11 その10

101103oohara046.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F13 ISO-200

実光院、つづき。
庭園中央あたりに、太い僧都(鹿脅し)がありました。
「コーン」と、よく響く音がしていました。

「不断桜」が夕方の光に映えます。
101103oohara047.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F9 ISO-200

苔むした地面に配置された石がたくさん……。
配置してある石の多くは、寺領の山や谷から運び込んだものなのだとか――。
101103oohara048.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/160 F7.1 ISO-200
スポンサーサイト

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/30(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その9

101103oohara043.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/100 F8 ISO-200

実光院、つづき。
茶室「理覚庵」に向かいます。
竹垣がいい感じです。

「理覚庵」について、もらった『実光院略記』に説明がありました。
-----------------------------------------------------------
庭の西北にある茶室「理覚庵」は、昭和50年に建てられたもので、桧の変木床柱を始め、材木のほとんどは実光院領の山林から調達したものである。
-----------------------------------------------------------
101103oohara044.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/160 F8 ISO-200

茶室の前の筧(かけひ)です。
101103oohara045.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/60 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/29(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その8

101103oohara040.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/200 F7.1 ISO-200

実光院、つづき。
庭園の西には立派な石碑があります。
-----------------------------------------------------------
「梵音寂」と書かれた石碑は、前々住職で声明の第一人者だった天納傳中(あまの でんちゅう)が、中国の声明を体系化したとされる魏の曹植ゆかりの地・山東省魚山を訪ねた時に建立し、同じ碑を庭にも建てたもの。
-----------------------------------------------------------

楓の紅葉と、その向こうの「不断桜」――。
101103oohara041.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/200 F7.1 ISO-200

茶室「理覚庵」に向かう飛石――腰掛待合が左にあります。
101103oohara042.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/50 F8 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/28(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その7

101103oohara037.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F7.1 ISO-200

実光院、つづき。
「旧理覚院庭園」のひょうたん池にかかる石橋の上から東を見てみます。
池の先に「不断桜」の枝が広がっています。

「不断桜」に近づくと、こんな感じ。
確かに桜の花がたくさん咲いています。
101103oohara038.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/125 F7.1 ISO-200

庭園の南端に紅葉があります。
101103oohara039.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/50 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/27(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その6

101103oohara034.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/400 F5.3 ISO-200

実光院、つづき。
「秋明菊(シュウメイギク)」の白花が誇らしげに咲いています。

さて、問題の「不断桜」です。
これはキレイです。秋に撮影したとは思えない……。
101103oohara035.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/400 F5.7 ISO-200

飛石を進んでいくと、「旧理覚院庭園」が見えてきます。
池泉回遊式庭園――見えているのは「ひょうたん池」です。
101103oohara036.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/200 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/26(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その5

101103oohara031.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/25 F5.5 ISO-200

実光院、つづき。
庭園に咲く桜は「不断桜」と言い、初秋から咲き始めるようです。
不思議だ――。

庭園に下りてみます。
101103oohara032.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/400 F5 ISO-200

真っ赤な葉っぱのツツジ(でしょうか?)が目を引きます。
101103oohara033.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/200 F5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/25(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その4

101103oohara028.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/100 F5.6 ISO-200

実光院、つづき。
「契心園」から西を望みます。
遥かに大原の山並みが見えます。

客殿の西側――飛石と苔の向こうには「旧理覚院庭園」が広がります。
木に咲く、白く見える花は、桜――。
101103oohara029.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/200 F5.6 ISO-200

立派な石灯籠が――。
その向こう側を下りて「旧理覚院庭園」に進みます。
101103oohara030.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/250 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/24(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その3

101103oohara025.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/50 F6.3 ISO-200

実光院、つづき。
「契心園」に近づいてみます。

「律川」から引いた滝が見えます。
101103oohara026.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/2 F22 ISO-200

池の向こう側を仏の浄土、こちら側を俗世間と見立てているのだとか。
101103oohara027.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/40 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/23(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11 その2

101103oohara022.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F6.3 ISO-200

実光院、つづき。
門を抜けると、急な石段を下ります。
石と植え込みが印象的な前庭を抜けていきます。

玄関を上がると、瀬戸内寂聴さんの書いた軸がありました。
101103oohara023.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/13 F5 ISO-200

客殿を抜けると、「旧普賢院庭園(契心園)」という庭園が見えてきます。
池泉観賞式の庭園――「律川」から引いた滝の水が静かに庭を潤します。
101103oohara024_.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/22(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~実光院 2010.11

101103oohara019.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F6.3 ISO-200

大原(京都市左京区)の道――こんな楽しい店が迎えてくれます。

三千院の門前を抜けて、「律川」にかかる「末明橋」を渡っていきます。
101103oohara020.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F6.3 ISO-200

「実光院」の門に着きました。
101103oohara021.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/25 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/21(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~浄蓮華院 2010.11 その3

101103oohara017.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/250 F6.3 ISO-200

浄蓮華院、つづき。
宿坊の玄関はこんな感じ。
すっきりした石畳……、左の方にちょっとだけ紅葉が見えます。

門を出て西の方に坂を下りて行きます。
ちょうどコンサートが開かれていて、苔むした石垣に柔らかな音楽が響いていました。
101103oohara018.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/100 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/20(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~浄蓮華院 2010.11 その2

101103oohara014.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/100 F6.3 ISO-200

浄蓮華院、つづき。
拝観はできないのですが、「香雲」というコンサートの会場になっているので門は開いています。

門をくぐったところにある筧(かけひ)です。
101103oohara015.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F6.3 ISO-200

門から左へ進むと水の流れる庭園があります。
鐘楼の鐘をつくこともできます。
101103oohara016.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/19(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~浄蓮華院 2010.11

101103oohara011.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0-5.8 - 1/400 F5.6 ISO-200

大原(京都市左京区)にはいくつかの寺院があります。
「来迎院」の西にある「浄蓮華院」です。
宿坊として有名な寺院で、早いうちに予約はいっぱいになるのだとか。

浄蓮華院の前を流れるのは「呂川」です。
101103oohara012.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/50 F6.3 ISO-100

かかっているのは、「紅染橋(こうせんはし)」という名の橋です。
101103oohara013.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/50 F6.3 ISO-100

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/18(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~音無の滝 2010.11 その5

101103oohara009.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1sec F22 ISO-200

音無の滝、つづき。
正面から左側に移動してみます。
落差は15メートルありますが、水の落ちる勢いは強くないので、滝壷は浅い。

天候が変化して、太陽がちょっと差してきました。
滝壷の先の正面にカメラを置いて――横位置で狙ってみます。
101103oohara010.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1.6sec F22 ISO-100

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/17(水) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~音無の滝 2010.11 その4

101103oohara008.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1sec F22 ISO-200

音無の滝、つづき。
滝の下におりてみると――。
迫力のある流れが迫ってきます。

滝の上の方を狙ってみるとこんな感じ――。
清流が音をたてて岩肌を落ちてきます。
101103oohara008-2.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/8 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/16(火) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~音無の滝 2010.11 その3

101103oohara006.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1.6sec F22 ISO-200

大原(京都市左京区)、つづき。
「音無の滝」に近づいています。
上の写真は、登る途中の水の流れ。
透明な水に癒されます。

着きました。「音無の滝」です。
岩肌をなめるように水が流れています。
101103oohara007.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 0.62sec F22 ISO-200

説明の札があります。
-----------------------------------------------------------
音無の滝(おとなしのたき)

聖応大師良忍上人は、来迎院を建立して天台声明(しょうみょう 仏教の儀式音楽)や融通念仏宗を興された高僧でした。
その上人が、この滝に向かって声明の修行をしていると滝の音と声明の声が和して、ついには滝の音が聞こえなくなったという故事からこの名があります。

律川の上流にあって、春は新緑と藤の花、秋は紅葉の名所になっています。

NPO京都大原里づくり教会
-----------------------------------------------------------
101103oohara007-2.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/25 F6.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/15(月) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~音無の滝 2010.11 その2

101103oohara003.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/25 F4.5 ISO-200

大原(京都市左京区)、つづき。
「三千院」の中を流れる「律川」――もう少しで紅葉の始まりそうな雰囲気です。

右側が「三千院」です。
不思議なほど誰も来ない――現実世界を離れた、ひっそりした空間が広がります。
101103oohara004.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/25 F6.3 ISO-100

さて、「来迎院」を左に見て、あらためて登って行きます。
目指すのは「音無の滝」――「来迎院」の駒札で「山道を更に二百メートル上がった所には良忍が声明を唱えていると、声明の音律と融合して水音が消えたといわれる 音無の滝 がある」と触れられていた所です。
見事な杉木立を抜けて行きます。
101103oohara005.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/40 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/14(日) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~音無の滝 2010.11

101031oohara_raigouin034.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/100 F5.6 ISO-200

あらためて、大原(京都市左京区)です。
「来迎院」を出て、ちょっと戻ります。
これは、「三千院」の東側にある石段。

進むと、「律川」にかかる「勝手大橋」が見えてきます。
101103oohara001.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/20 F6.3 ISO-100

これが「律川」――ちょうど小さな滝がふたつ見える場所です。
101103oohara002.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/2 F22 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/13(土) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その11

101031oohara_raigouin031.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F4 ISO-200

来迎院、つづき。
「如来蔵」をじっくりと――。
白壁が美しい。

「如来蔵」から本堂の横を抜けて、門のあたりまで降りてきました。
振り返って――、かすかに見える鐘楼です。
101031oohara_raigouin032.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/125 F5 ISO-200

入口の門です。
くぐって外へ――。
101031oohara_raigouin033.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F4 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/12(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その10

101031oohara_raigouin028.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F4 ISO-200

来迎院、つづき。
「鎮守堂」に登ってきました。
真ん中が「鎮守堂」、右側が「獅子飛石」、左側が「地蔵堂」です。

左側の「地蔵堂」だけを狙ってみます。
101031oohara_raigouin029.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/40 F4 ISO-200

「鎮守堂」の地点から西方向に――、木立の間に「如来蔵」(経蔵)が見えます。
101031oohara_raigouin030.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/50 F4 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/11(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その9

101031oohara_raigouin025.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/25 F4 ISO-200

来迎院、つづき。
「聖応大師三重石塔」の前で振り返ると――苔むした石垣と石畳が風格を感じさせます。

「鎮守堂」に登る石段を横から狙ってみます。
101031oohara_raigouin026.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F5.6 ISO-200

――ここから石段を登って行きます。
101031oohara_raigouin027.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F4 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/10(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その8

101031oohara_raigouin022.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/15 F4 ISO-640

来迎院、つづき。
重要文化財に敬意を表して――
再度、左から、木造阿弥陀如来坐像、木造薬師如来坐像、木造釈迦如来坐像です。

本堂を出て、北側に回り込んで、木立から狙ってみます。
101031oohara_raigouin023.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/50 F6.3 ISO-200

「聖応大師三重石塔」――融通念仏の開祖・良忍の墓と伝わっています。
101031oohara_raigouin024.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/13 F4 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/09(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その7

101031oohara_raigouin019.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F5.6 ISO-200

来迎院、つづき。
本堂を正面から狙ってみます。
石畳がきれいなので、ちょっと引きで――。

本堂の上がり口まで来て、振り返って、鐘楼をあらためて狙ってみます。
101031oohara_raigouin020.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F5.6 ISO-200

本堂内部です。
感度を ISO640 まで上げて撮影。
左から、木造阿弥陀如来坐像、木造薬師如来坐像、木造釈迦如来坐像――いずれも重要文化財です。
101031oohara_raigouin021.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/10 F4 ISO-640

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/08(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その6

101031oohara_raigouin016.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F5.6 ISO-200

来迎院、つづき。
確かに修練の場という雰囲気の、鬱蒼とした木立の間を抜けて行きます。

木立の間を登って行くと――風景が開けます。
右に鐘楼、左は本堂です。
101031oohara_raigouin017.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/125 F5.6 ISO-200

鐘楼の南側に回り込んで本堂側を覗いてみます。
101031oohara_raigouin018.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/160 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/07(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その5

101031oohara_raigouin013.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/40 F5.6 ISO-200

来迎院(京都市左京区大原)の由来を書いた駒札です。
-----------------------------------------------------------
来迎院

魚山(ぎょざん)と号する天台宗の寺院で、仁寿年間(1851~54)に円仁(慈覚大師)が、唐で学んだ梵唄(梵語の仏教歌謡)などの声明の修練道場として創建したものである。
声明とは、インドで始まった学問の一つであるが、日本では仏を讃える歌謡や経を読む音律として広がり、仏教のほか民謡などの日本音楽にも大きな影響を及ぼした。
その後、平安時代末期に、融通念仏の開祖・良忍が再興して、円仁に始まる声明を大成した。
この声明は、魚山流と呼ばれ、以後、天台声明の根本道場として栄えた。
本堂には、藤原期の薬師・阿弥陀・釈迦三尊仏(重要文化財)を安置し、寺宝として、伝教大師の得度や受戒に関する文書類三点を一巻とした伝教大師度縁案並僧綱牒(どえんあんならびにそうごうちょう)(国宝)などを蔵するが、現在は東京国立博物館に寄託している。
山道を更に二百メートル上がった所には良忍が声明を唱えていると、声明の音律と融合して水音が消えたといわれる 音無の滝 がある。

京都市
-----------------------------------------------------------

門をくぐると正面に寺務所が見えます。
この受付にいる人が、巧みに草笛を吹かれていて、その音が山に響いていました。
101031oohara_raigouin014.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F5.6 ISO-200

「写経のおすすめ」と題された看板です。
内容はこの寺院で写経ができることの説明なのですが、この字のうまさ!
しばし見入ってしまいました。
101031oohara_raigouin015.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/06(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その4

101031oohara_raigouin010.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/8 F5.6 ISO-200

大原(京都市左京区)、つづき。
緑の木立を抜けて――この道の左側に「来迎院」の門があります。

やっと「来迎院」の門に到達。
101031oohara_raigouin011.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/25 F5.6 ISO-200

石段を登って――質素な門にたどり着きました。
101031oohara_raigouin012.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/20 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/05(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その3

101031oohara_raigouin007.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/15 F5.8 ISO-200

大原(京都市左京区)、つづき。
「来迎院」に向かう道に沿ってこんな小さな清流があります。
冷たい水!

小川の上に回り込んで――見下ろしてみます。
101031oohara_raigouin008.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F5.6 ISO-200

ゴツゴツした岩の間を流れています。
この季節、そろそろ落ち葉が散り始めています。
101031oohara_raigouin009.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/10 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/04(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10 その2

101031oohara_raigouin004_.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F5.6 ISO-200

大原(京都市左京区)、つづき。
さらに東に歩きます。
このあたりは「歴史的風土特k別保存地区」になっています。

道の右側(南側)には水が流れます。
101031oohara_raigouin005_.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/20 F5.6 ISO-200

ゆるやかな坂道を進んで、「来迎院」に向かいます。
101031oohara_raigouin006_.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/250 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/03(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大原~来迎院 2010.10

101031oohara_raigouin001.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/160 F7.1 ISO-400

大原(京都市左京区)です。
三千院に向かう緩やかな坂道を歩きます。
こんな可愛い店が、道端を飾ります。

三千院に向かわず、その手前の道を右側(東側)へ折れると、こんな広々とした風景が広がります。
苔むした石垣は、三千院のまわりを囲む石垣です。
101031oohara_raigouin002.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/100 F7.1 ISO-400

三千院の正門「朱雀門」です。
ひっそりと、華やかに、穏やかに存在を主張しているかのようです。
101031oohara_raigouin003.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/160 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/11/02(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐川美術館 2010.10 その10

101011sagawa-artmuseum025.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/1600 F5.6 ISO-200

佐川美術館、つづき。
館を出て、再び水辺の通路を歩いています。
広大な水空間に気持ちが癒されます。

秋の美しい空と雲が鮮やかです。
101011sagawa-artmuseum026.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/1600 F5.6 ISO-200

振り返って――建物(平山郁夫館)と水と空です。
101011sagawa-artmuseum027.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/640 F11 ISO-200

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/01(月) 00:09:00|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (224)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (170)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード