FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その23

110129kurama066.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F4.5 ISO-400

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「由岐神社」の由来の駒札です。
-----------------------------------------------------------
由岐神社

大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀る。
天変地異が続く都を鎮めるため、天慶3年(940)、御所内に祀られていた祭神をこの地に勧請したのが当社の始めとされ、天皇の御病気や世上騒擾のとき、社前に靭(ゆき)を奉納して平安を祈ったっため「靭社」の名がつき、後に現在の社名となったとも伝えられている。
重要文化財の拝殿は、慶長12年(1607)、豊臣秀頼によって再建されたもので、中央に通路(石階段)をとって2室に分けた割拝殿という珍しい桃山建築で、前方は鞍馬山の斜面に沿って建てられた舞台造(懸造 かけづくり)となっている。
このほか、本殿脇の石造の狛犬一対も重要文化財に指定されている。
京都三大奇祭のひとつとして有名な「鞍馬の火祭」は当社の例祭で、毎年10月22日夜に行われる。
祭神勧請の際、篝火を焚いてお迎えしたという故事にちなんで、氏子らが大小様々の松明をかついで、鞍馬街道から参詣するため、一面火の海となって壮観を極める。

京都市
-----------------------------------------------------------

「由岐神社」から通りをはさんで向かい側に「川上地蔵堂」があります。
110129kurama067.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/100 F4.5 ISO-200

説明の駒札です。
牛若丸が毎日参拝したのですね。
110129kurama068.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F4.5 ISO-400
スポンサーサイト



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/28(月) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その22

110129kurama063.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/640 F5 ISO-400

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
杉の木がそびえています。
-----------------------------------------------------------
由岐神社のスギ 及び カゴノキ

由岐神社の創建は、天慶3年(940)に遡る。
境内にそびえるスギ3本は、京都市内でも有数の大きさを誇り、位置からみて慶長15年(1610)に拝殿が建設されたときに植えられたものと思われる。
またカゴノキは、暖帯性の常緑高木であるが、この由岐神社の個体は分布北限近くに生育するものとしては最大級のものである。
重要文化財の拝殿とともに荘重な環境を形成する要素となっているこのスギとカゴノキは貴重であり、昭和58年6月1日、京都市指定天然記念物に指定された。

京都市
-----------------------------------------------------------

「拝殿」を抜けて、石段を下りてみます。
110129kurama064.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/50 F4.5 ISO-200

本殿の狛犬を撮り忘れていました。
オリジナルは京都国立博物館に寄託されているとか……。
110129kurama065.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F3.5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/27(日) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その21

110129kurama060.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F4.5 ISO-400

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「由岐神社」に着きました。
「鞍馬の火祭」は、この「由岐神社」のお祭りです。

本殿です。
「天狗みくじ」を引いたら「末吉」でした。
110129kurama061.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/125 F4.5 ISO-400

重要文化財の「拝殿」が雪に埋もれています
110129kurama062.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/640 F4.5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/26(土) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その20

110129kurama057.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/15 F4.5 ISO-400

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「義経公供養塔」が石段の上にそびえています。

駒札の説明を読んでみます。
-----------------------------------------------------------
義経公 供養塔

800年あまり前、牛若丸が遮那王と名のり、7歳の頃から10年間、昼は学問、夜は武芸に励んだときに住まいした東光坊の旧跡である。
義経公をしので、昭和15年に供養塔が建てられた。
-----------------------------------------------------------
110129kurama058.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F4.5 ISO-400

石段を登って近くから――。
110129kurama059.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F4.5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/25(金) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その19

110129kurama054.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/160 F3.5 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「楓の古木」の右側奥に「平和の祈り」というボードが立っています。
-----------------------------------------------------------
平和への祈り

テロはやめよう 戦争もやめよう
どちらも無慈悲で残酷だ
真の平和を願ってひたすら祈ろう
…………(中略)…………
およそこの世において、怨は怨によりてしずまることなし。怨をすててこそしずまるなれ。
これ不変の真理なり
(「法句経」)
-----------------------------------------------------------

道端に奇妙なオブジェがそびえています。
110129kurama055.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F4.5 ISO-400

説明のボードがあります。
-----------------------------------------------------------
愛と光と力の像「いのち」について

互いに捧げ合い扶け合い
共に生きるいのちの環の中で
大きないのちの愛と光と力によって
私たちも生かされている
「すべては尊天にてまします」

この像は。、鞍馬山の本尊である尊天(宇宙生命、宇宙エネルギー、宇宙の真理)を具象化したものです。
像の下部に広がる大海原は一切を平等に潤す慈愛の心であり、光輝く金属の環は曇りなき真智の光明、そして中央に屹立する山はすべてを摂取する大地の力強い活力を表現しています。
この愛と光と力こそは、宇宙生命-尊天のお働きそのものであり、先端の三角形はその象徴です。
有縁の皆さまが、この像を通して、宇宙の真理-尊天に目ざめ、自らの内に「愛と光と力」を満たしてくださることを希ってやみません。

鞍馬寺
-----------------------------------------------------------
110129kurama056.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F4.5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/24(木) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その18

110129kurama051.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/200 F3.5 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「双福苑」と名付けられた場所があります。

説明があります。
-----------------------------------------------------------
双福苑

丹塗りの橋をはさんだ、二つの小堂には、左に大黒天(玉杉大黒天)、右に恵比須尊(玉杉恵比須尊)がお祀りしてあり、この一帯を「双福苑」と呼びます。
大黒天(玉杉大黒天)は、葉の先が玉のように巻いている杉の巨木で、大黒天の化身として尊崇されてきました。
-----------------------------------------------------------
110129kurama052.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/500 F3.5 ISO-200

道をはさんで向かい側に不思議な姿の「楓の古木」があります。
110129kurama053.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F4.5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/23(水) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その17

110129kurama048.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/400 F2.8 ISO-200

鞍馬山・鞍馬山、つづき。
「中門」が見えてきます。
-----------------------------------------------------------
中門(ちゅうもん)

元々は、山麓の仁王門の横にあって、勅使門または四脚紋と呼ばれ、文字通り朝廷の勅使の通る門でした。
ここから上は石段と敷石の道となります。
-----------------------------------------------------------

門を抜けると――提灯が掛かっています。
110129kurama049.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F2.8 ISO-200

道端に鮮やかな寒椿が咲いています。
110129kurama050.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/250 F3.5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/22(火) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その16

110129kurama045.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/50 F2.8 ISO-400

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
石柵の一本一本に寄付した金額と名前が書いてあるのでした。

さらに下りて行きます。
朱色の橋がかかっています。
110129kurama046.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/250 F2.8 ISO-400

同じ橋をふりかえってみます。
110129kurama047.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/200 F2.8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/21(月) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その15

110129kurama042.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/500 F6.3 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
本殿金堂前から南東を望みます。
朱色の欄干の向こうに遥かな山並みが見えます。

登って来た道と違う道を下りて行きます。
右の石垣も、石英閃緑岩(鞍馬石)を積んだもの――迫力あります。
110129kurama043.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/13 F10 ISO-200

左の石柵には文字が書かれています――。
これは何でしょう?
110129kurama044.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/100 F2.8 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/20(日) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書道カフェ at 京都国立博物館 2011.2 その2

110211shodou_cafe004.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F4 ISO-640

書道カフェ at 京都国立博物館、つづき。
子どもたちも参加して、楽しんでいます。

ちょっと指導すると、ぐっと筆の運びがよくなるのが不思議です。
110211shodou_cafe005.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F5.6 ISO-640

赤い紙に白の文字が映えます。
110211shodou_cafe006.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F5.6 ISO-640

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/19(土) 00:09:00|
  2. イベントevents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書道カフェ at 京都国立博物館 2011.2

110211shodou_cafe001.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F9 ISO-640

京都国立博物館の中の「からふね屋珈琲店」で「書道カフェ」というイベントがありました。
主催は朝日新聞社・大阪企画事業部、指導するのは書道家の山野井珠几さんです。

喫茶店の一角のテーブルをつないで筆が使えるように準備しました。
110211shodou_cafe002.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F9 ISO-640

山野井珠几さんの作品です。
文字をモチーフにした絵画の雰囲気です。
110211shodou_cafe003.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F6.3 ISO-640

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/18(金) 00:09:00|
  2. イベントevents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その14

110129kurama039.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F6.3 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
この鮮やかな木組みは、「本坊(金剛寿命院)」から「光明心殿」へ通じる廊下です。

「光明心殿」には護法魔王尊が祀られています。
110129kurama040.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/640 F7.1 ISO-200

「本殿金堂」を西側から眺めてみます。
110129kurama041.jpg

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/17(木) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その13

110129kurama036.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/640 F7.1 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「本坊(金剛寿命院)」の建物です。
その玄関前には「瑞風庭(ずいふうてい)」がありますが、雪で隠れてしまっています。

「本坊(金剛寿命院)」の建物の全体はこんな感じ。
鞍馬寺寺務所や鞍馬弘教宗務本庁が置かれています。
110129kurama037.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/640 F5.6 ISO-200

建物の北側の道から「奥の院」に通じるのですが――、この日は雪で通行止めになっていました。
110129kurama038.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/60 F7.1 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/16(水) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その12

110129kurama033.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/500 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「本殿金堂」が雪に映えます。

狛犬ではなく「阿吽の虎」が守っています。
-----------------------------------------------------------
狛犬ではなく「阿吽の虎」といいます。
虎は御本尊の一尊である毘沙門天のお使いであると言われる神獣で、毘沙門天ご出現が、トラの月、トラの日、トラの刻であったことから、特に鞍馬山では大切にしています。
なお「阿」は口を開いた形で物事の始まりを、「吽」は口を閉じた形で物事の終わりを意味し、「阿吽」で万物すべてを表しています。
-----------------------------------------------------------
向かって右側に「阿」の虎。
110129kurama034.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/320 F5.6 ISO-200

左側が「吽」の虎です。
110129kurama035.jpg
Sony α900 70-300mm F4.5-5.6G - 1/200 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/15(火) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その11

110129kurama030.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/500 F6.3 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「本殿金堂」の東隣りにある「閼伽井御法善神社」です。
-----------------------------------------------------------
閼伽井御法善神社(あかいごほうぜんじんじゃ)

寛平年間(889-897)のこと、修行中の峯延上人(ぶえんしょうにん)を襲った雄の大蛇はたおされて「竹伐り会式」の由来となり、、鞍馬山の水を永遠に絶やさぬと誓った雌蛇は命を助けられ、閼伽井御法善神としてここにまつられた。
-----------------------------------------------------------

龍の手水があります。
110129kurama031.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F4.5 ISO-200

建物の天井にも龍がいました。
110129kurama032.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F4.5 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/14(月) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その10

110129kurama028.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/800 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「本殿金堂」東側の休憩所から麓方面を望みます。
雪に朱色が映えます。

「本殿金堂」の東端あたり――真ん丸の釣り灯籠が目を引きます。
110129kurama029.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/320 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/13(日) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その9

110129kurama025.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/100 F9 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
本殿金堂に向かう石段です。
石段の右手に見えるのは「転法輪堂」です。
-----------------------------------------------------------
転法輪堂

先祖に感謝の祈りを捧げる道場で、丈六の阿弥陀仏が安置されています。
平安時代に13年間も堂内に籠り、毎日12万遍の弥陀宝号を書いて法輪に納めました。
「一転の南無阿弥陀仏、その功徳六万遍の称号に等し」が転法輪堂の名の由来です。
-----------------------------------------------------------

石段を登ると「本殿金堂」にたどり着きます。
-----------------------------------------------------------
石段を登りきると「本殿金堂」。
広々とした前庭の石畳は「金剛床(こんごうしょう)」といい、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものと一体化するという鞍馬寺の教えの理想を表現します。
-----------------------------------------------------------
110129kurama026.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/1000 F5.6 ISO-200

ちょっと近づいてみます。
-----------------------------------------------------------
本殿金堂

宇宙エネルギーである尊天の働きを象徴する千手観音菩薩、毘沙門天王、護法魔王尊を奉安する鞍馬山信仰の中心道場で、四六時中祈りを捧げる人が絶えません。
なお御本尊は秘仏で、60年に一度丙寅(ひのえとら)の年のみ扉が開かれます。
-----------------------------------------------------------
110129kurama027.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/1000 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/12(土) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その8

110129kurama022.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/125 F8 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
立派な石垣と思って近づいてみたら――由緒を書いた札がありました。
-----------------------------------------------------------
石英閃緑岩(鞍馬石)

高さ6mのこの石垣は、鞍馬石で、花背峠(はなせとうげ)近辺や百井(ももい)の別れに近い山中から算出する、約1億年前に地下の深所で丹波帯の堆積岩中にマグマが貫入してできた。
-----------------------------------------------------------

石段を登って石垣の上に行くと、小さな社がありました。
-----------------------------------------------------------
巽の弁財天

本殿の東南(巽)の方角にあるので、「巽の弁天さま」と呼ばれ、福徳、智恵、財宝、伎芸を授ける神として信仰されている。
-----------------------------------------------------------
110129kurama023.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F5 ISO-200

石垣の上に立って麓のほうを見下ろすと、絶景が広がります。
110129kurama024.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/60 F9 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/11(金) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その7

110129kurama019.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F8 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
ゆる~い坂を登って行きます。

もう少しで、ゆるい坂を登り切ります。
110129kurama020.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/125 F6.3 ISO-200

登りきると、ちょっとした広場があります。
手前に石の階段、その向こう側には「鞍馬石」で造った石垣が見えます。
110129kurama021.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F8 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/10(木) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その6

110129kurama016.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/15 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
「毘沙門天」の石仏に近づいてみますが――格子の向こうに――よく見えません。

「多宝塔」を右に見て、坂を登って行きます。
110129kurama017.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F5.6 ISO-200

進んで振り返ると、こんな感じ。
110129kurama018.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/250 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/09(水) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その5

110129kurama013.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/320 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
ケーブル「山門駅」の前にある石灯籠です。
向こうに見える大屋根の建物は「修養道場」(心を磨くための法話、写経、書道、華道、茶道の場)です。

料金100円のケーブルカーでケーブル「多宝塔駅」に着くと、正面に「多宝塔」がそびえます。
110129kurama014.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/125 F5.6 ISO-200

「多宝塔」のすぐ前に「開運毘沙門天」がありました。
-----------------------------------------------------------
この毘沙門天は、多宝塔建立のとき草むらから出現された石仏で、世に開運の毘沙門天という
-----------------------------------------------------------
110129kurama015.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/08(火) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その4

110129kurama010.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/60 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
ゆるい階段から「仁王門」を振り返ってみます。

「鞍馬山保育園」の入口のところに、かわいい地蔵菩薩の像「童形六体地蔵尊」がありました。
110129kurama011.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/250 F5.6 ISO-200

ケーブル山門駅の中から眺めます――雪に朱色の灯籠が鮮やかです。
110129kurama012.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/125 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/07(月) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その3

110129kurama007.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
観音像の手水――つららができております。
冷たい~!

左側からズームアウトして眺めます。
110129kurama008.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/30 F5.6 ISO-200

ゆるい石段を登って、ケーブルカー乗り場に向かいます。
110129kurama009.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/400 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/06(日) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1 その2

110129kurama004.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F5.6 ISO-200

鞍馬山・鞍馬寺、つづき。
仁王門を抜けると「敦賀くらま会」の寄進した観音像があります。

白い札が掛かっていますが――「お水さん ありがとう」と書いてあります。
110129kurama005.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F5.6 ISO-200

左に回って、眺めてみます。
110129kurama006.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/05(土) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍馬山・鞍馬寺 2011.1

110129kurama001.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/200 F6.3 ISO-200

叡山電鉄鞍馬線・鞍馬駅(京都市左京区)の駅前にある天狗の像です。

駅から歩いてすぐ――鞍馬寺に到着します。
-----------------------------------------------------------
宗派はもと天台宗に属したが、1949年以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。
山号は鞍馬山。開基(創立者)は、鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。
本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。
-----------------------------------------------------------
階段の上に「仁王門」がそびえます。
110129kurama002.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/100 F6.3 ISO-200

仁王門の額に「鞍馬寺」の文字が見えます。
110129kurama003_.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/80 F5.6 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/04(金) 00:09:00|
  2. 京都の名所sights in Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝が池 2011.1 その6

110110takaragaike015_.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/200 F13 ISO-200

宝が池公園、つづき。
細い枝にからむ雪が冷たそう!

斜めの太陽光に映えます。
110110takaragaike016.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F13 ISO-200

太陽の光のあたる向こう岸の雪は解け始めています。
110110takaragaike017.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/160 F13 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/03(木) 00:09:00|
  2. 雪景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝が池 2011.1 その5

110110takaragaike013.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/640 F10 ISO-200

宝が池公園、つづき。
池の東端から北西方面を眺めます。
映る風景が見事です。

池の南東あたりから北の奥を望みます。
110110takaragaike014.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/640 F10 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/02(水) 00:09:00|
  2. 雪景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝が池 2011.1 その4

110110takaragaike010.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/640 F8 ISO-200

宝が池公園、つづき。
雪の幻想的な風景がつづきます。

烏(カラス)がとまって――水墨画のようです。
110110takaragaike011.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/320 F8 ISO-200

池の北西のあたりから対岸の松を狙ってみます。
110110takaragaike012.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F9 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/01(火) 00:09:00|
  2. 雪景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (231)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (199)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード