FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

岩倉具視幽棲旧宅 2011.9 その3

110917iwakuratomomi007.jpg
Panasonic DMC-G1 14-42mm F3.5-5.6 - 1/160 F8 ISO-400 ストロボ使用

岩倉具視幽棲旧宅、つづき。
正面の部屋に「鄰雲軒」の額が掛かっています。
障子の向こうに見えるのは、建物の北側部分との間にある中庭です。

建物北側部分の廊下に上がりこんでみます――。
真新しい畳(畳表のいい香りが…)と襖が見えます。
110917iwakuratomomi008.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/160 F8 ISO-200 ストロボ使用

廊下をさらにウロウロと……。
110917iwakuratomomi009.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/60 F8 ISO-400 ストロボ使用
スポンサーサイト

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/30(金) 00:09:00|
  2. 幕末~維新の京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩倉具視幽棲旧宅 2011.9 その2

110917iwakuratomomi004.jpg
Panasonic DMC-G1 14-42mm F3.5-5.6 - 1/500 F8 ISO-400

岩倉具視幽棲旧宅、つづき。
敷地内に入ると、この建物が見えてきます。
茅葺き平屋建ての建物――岩倉具視が元治元年(1864)に増築した部分です。

ガラス障子が見えます。
この時代の建物には珍しい……。
110917iwakuratomomi005.jpg
Panasonic DMC-G1 14-42mm F3.5-5.6 - 1/500 F8 ISO-400

西に向かって眺めてみます。
110917iwakuratomomi006.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/100 F14 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/29(木) 00:09:00|
  2. 幕末~維新の京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩倉具視幽棲旧宅 2011.9

110917iwakuratomomi001.jpg
Panasonic DMC-G1 14-42mm F3.5-5.6 - 1/1000 F8 ISO-400

岩倉具視幽棲旧宅(京都市左京区岩倉)です。
幕末~維新に活躍した、岩倉具視(1828-1883)が幽棲していた家です。
昭和7年に国の史跡に指定され、公開されています。
上の写真は正門と石碑――ただし、ここからは邸内に入れません。

邸内にはこちら(正門の東側にある勝手口)から入ります。
110917iwakuratomomi002.jpg
Panasonic DMC-G1 14-42mm F3.5-5.6 - 1/400 F10 ISO-400

勝手口のところにある駒札です。
-----------------------------------------------------------
岩倉具視幽棲旧宅

ここは、文久2年(1862)9月から慶応3年(1867)までの5年間、明治維新に功績のあった岩倉具視が幽棲したところである。
昭和7年3月、「史跡」に指定された。
具視は、幕末の騒乱に際して公武合体を進め、皇女和宮の将軍家降嫁に尽力したが、討幕急進派の弾劾を受け、文久2年9月官職を辞し、西賀茂霊源寺で剃髪し、ここに蟄居した。
慶応3年には維新運動の中心となって活躍し、のち明治新政府の右大臣となった。
現在、幽棲旧宅、文庫、管理人宅の3つの建物がある。
旧宅は西北にあって平屋建茅葺と瓦葺の2棟からなる。
茅葺は玄関座敷で約60平方メートル、瓦葺1棟は居間勝手等で約70平方メートル、具視幽棲時の旧態をしのぶことができる。
旧宅の東側にある文庫には維新志士の遺墨を陳列している。
庭前には具視の遺髪塚とお手植の松がある。

京都市
-----------------------------------------------------------
110917iwakuratomomi003.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/1650 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/28(水) 00:09:00|
  2. 幕末~維新の京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本応縁まつり 2011.9 その3

110923fujinomorijinja007.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/160 F8 ISO-200 ストロボ使用

藤森神社で開かれた「東日本応縁まつり」、つづき。
おみやげに買った「まゆまろ」です。
これは携帯電話のストラップ。
中空ではないので、けっこうずっしりとした重みがあります。
携帯電話ストラップというよりフィギュアの雰囲気です。

こちらはヌイグルミ。
背の高さは約14cmです。
110923fujinomorijinja008.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/160 F8 ISO-200 ストロボ使用

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/27(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東日本応縁まつり 2011.9 その2 コンサート(フルート&ギター)

110923fujinomorijinja004.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F5.8 ISO-400

藤森神社で開かれた「東日本応縁まつり」、つづき。
フルート&ギターのコンサート――曲はアストル・ピアソラのみの構成。
ギターは、ボディを叩いたりしての熱演でした。

風に乗ってフルートが響き渡ります。
110923fujinomorijinja005.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/320 F5.8 ISO-400

ズームアウトしてみると――こんな立派な建物であります。
110923fujinomorijinja006.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/1000 F5.6 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/26(月) 00:09:00|
  2. イベントevents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本応縁まつり 2011.9

110923fujinomorijinja001.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/1600 F5 ISO-400

藤森神社(京都市伏見区)です。
「東日本応縁まつり」というイベントが開かれていました。

いなり寿司を売っている店。
そのむこうには、B-1グランプリに出店した福島県浪江町の「なみえ焼きそば」の店も――。
この他にも野菜や「まゆまろ」(国民文化祭PR隊長)のグッズを販売する店など。
110923fujinomorijinja002.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/1600 F5 ISO-400

お目当てはこのステージ――ギタリストの松崎康弘さん(福島から参加)です。
110923fujinomorijinja003.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/200 F8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/25(日) 00:09:00|
  2. イベントevents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その15

110910shisendou019.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.3 ISO-200

詩仙堂、つづき。
「詩仙の間」――中国の三十六詩仙の絵が掛かっています。
絵は狩野探幽の筆、詩は丈山が隷書体で書いたものです。

「至楽巣(しらくそう)」の東の壁に掛かっている額です。
110910shisendou020.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/24(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その14

110910shisendou016.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/125 F4 ISO-200

詩仙堂、つづき。
石川丈山の書が掛かっています。
「福」「禄」「壽」――丈山の得意とした隷書体の掛軸です。

これも丈山の書――処世訓のようなことが書いてある模様……。
110910shisendou017.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/200 F4.1 ISO-200

ご本尊は「馬郎婦観音(めろうふかんのん)」といいます。
110910shisendou018.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/13 F4.3 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/23(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その13

110910shisendou013.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/25 F5.7 ISO-200

詩仙堂、つづき。
「僧都(添水)」が音を立てる瞬間です。
使われている竹は「錆竹(さびたけ)」というもので、毎年新しいものに交換されます。

「嘯月楼」を見上げてみます。
110910shisendou014.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/800 F5.7 ISO-200

「詩仙の間」あたりの廊下――よく見ると手すりは自然の木の曲がりを生かした作りになっています。
110910shisendou015.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/60 F9 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/22(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その12

110910shisendou010.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/320 F5 ISO-200

詩仙堂、つづき。
庭園内の「残月軒」――茶室のようなこじんまりした建物です。

「残月軒」あたりから庭園を見下ろしてみます。
110910shisendou011.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/800 F8 ISO-200

「僧都(添水)=そうず」という仕掛け――「鹿脅し(ししおどし)」とも言われます。
水を竹筒にためて大きな音を出すようにした仕掛けです。
カーン!という音が庭園内に響きます。
110910shisendou012.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/6 F11 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/21(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その10

110910shisendou004.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F5.7 ISO-200

詩仙堂、つづき。
紫の花――藪蘭(ヤブラン)でしょうか。

ゆるい斜面をおりていくと――建仁寺垣と燈籠で飾られた小さな空間。
110910shisendou005.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F5.6 ISO-200

おりてきた斜面を振り返ると、緑が光にきらめいています。
110910shisendou006.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/50 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/20(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その9

110910shisendou001.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/40 F5.8 ISO-200

詩仙堂、つづき。
秋の花、しとやかに――。

110910shisendou002.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/40 F5.8 ISO-200

池の鯉が日差しをさけて影を探しているようです。
110910shisendou003.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/40 F5.6 ISO-200

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/19(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その8

110904shisendou022.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/20 F8 ISO-400

詩仙堂、つづき。
引き込まれた水が小さな池になっています。
小さな屋根は鯉が休むところ……。

控えめに小さな菊が咲きます。
110904shisendou023.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/25 F8 ISO-400

秋の花――これは桔梗でしょうか。
110904shisendou024.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/25 F8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/18(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その7

110904shisendou019.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/20 F7.1 ISO-400

詩仙堂、つづき。
入口門をいったん出て、西側にこんな通路があります。
建仁寺垣が連なっています。
この通路を抜けて庭園に出ます。

庭園には秋の花が咲いています。
110904shisendou020.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/60 F5.3 ISO-400

ススキの穂が秋の雰囲気を盛り上げます。
110904shisendou021.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F6.3 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/17(土) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その6

110904shisendou016.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F8 ISO-400

詩仙堂、つづき。
「至楽巣(しらくそう)」から再び庭園を眺めております。

足元に、こんなものが……。
110904shisendou017.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F8 ISO-400

建物内部から入口門あたりを眺めます。
110904shisendou018.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/16(金) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その5

110904shisendou013.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F5 ISO-400

詩仙堂、つづき。
手水鉢がしつらえてあります。
今は使われていないようですが……。

「詩仙の間」から東に廊下を数歩進んで、南方向に庭園を眺めます。
110904shisendou014.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/40 F5 ISO-400

建物の東端から西向きに――右に「詩仙の間」、廊下には茣蓙(ござ)が敷かれています。
竹垣の装飾が利いてますね。
110904shisendou015.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/30 F8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/15(木) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その4

110904shisendou010.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/20 F5 ISO-400

詩仙堂、つづき。
庭には裏山から引き入れて造られた滝「洗蒙曝(せんもうばく)」の水の音が響きます。

「詩仙の間」から庭を南西方向に眺めると――丈山もこの風景を見ながら書に親しんでいたのでしょうか。
瞑想する女性がひとり……。
110904shisendou011.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F5 ISO-400

植え込みの間に小さな仏塔があります。
110904shisendou012.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/640 F5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/14(水) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その3

110904shisendou007.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F8 ISO-400

詩仙堂、つづき。
「至楽巣(しらくそう)」から南方向に、庭園を眺めてみます。

左側が「詩仙の間」、庭園を流れる小川が見えます。
110904shisendou008.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/80 F8 ISO-400

「詩仙の間」から庭園を眺めます。
しっとりとした緑が気持ちいい。
110904shisendou009.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/160 F5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/13(火) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9 その2

110904shisendou004.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/800 F4.5 ISO-400

詩仙堂、つづき。
雨模様の日――入口の門をくぐると静寂が広がります。

左方向の通路を通って建物に入ります。
110904shisendou005.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/200 F6.3 ISO-400

丈山の書斎――「至楽巣(しらくそう)」にすわってみます。
初めは「猟芸巣(りょううんそう)」と呼ばれていた部屋です。
見事な庭園が目の前に広がります。
しばし見とれております。
110904shisendou006.jpg
Panasonic DMC-GH1 7-14mm F4.0 - 1/60 F8 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/12(月) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩仙堂 2011.9

110904shisendou001.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/50 F6.3 ISO-400

「詩仙堂」(京都市左京区)です。
紅葉の時期にはにぎわいますが、この時期はひっそりと――。
江戸初期の文人、石川丈山が、寛永18年(1641)に造営、隠棲した山荘跡で、曹洞宗の寺院です。

山門をくぐって竹垣で守られた参道を進みます。
110904shisendou002.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/50 F6.3 ISO-400

建物が見えてきました。
意匠をこらした窓が覗いています。
110904shisendou003.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/160 F4.5 ISO-400

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/11(日) 00:09:00|
  2. 寺院temples
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォークソングコンサート at 岩倉図書館 2011.9

110910folksong001.jpg

図書館でコンサート――というのは珍しいと感じるかもしれませんが、本の読み聞かせやさまざまなジャンルの講演会、手作りおもちゃの教室など、最近の図書館ではいろんなイベントが開かれています。
京都市左京区にある「京都市岩倉図書館」で、フォークソングコンサートを開きます。
今回で第8回を数えます。
始まったころはフォークソングやアニメソングを歌って、観客はそれを聞くだけだったのですが、いつのころからか、歌詞カードを準備していっしょに歌う、参加型のコンサートになりました。
歌う歌も、フォークソングに限らず、童謡、唱歌、歌謡曲など広がってきました。
いつもひとりで鼻歌を歌っている人!――ぜひいらしてください。
-----------------------------------------------------------
日時:2011年9月25日(日) 4:00 p.m.
会場:京都市岩倉図書館(京都市左京区岩倉下在地町16 電話:075-802-8510)
入場無料です
-----------------------------------------------------------

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/09/10(土) 00:09:00|
  2. イベントevents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その16 コンサート(フルート&ピアノ)

110815tsudasayoko007.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/125 F5.8 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
美しく、凛々しく――。

曲の紹介をしながら……。
110815tsudasayoko008.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/125 F5.8 ISO-800

「あの~、アンコールは用意してなかったんです~」と――。
譜面なしで「アベマリア」を。
110815tsudasayoko009.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/125 F5.8 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/09(金) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その15 コンサート(フルート&ピアノ)

110815tsudasayoko004.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.7 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
フルートの津田佐代子さん、全身の姿です。

生のステージの楽しさは、音のダイナミクスを楽しめることです。
このステージでも、うなるような轟音から繊細な音まで、フルートの表現力の豊かさを堪能しました。
110815tsudasayoko005.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.7 ISO-800

会場のすみずみまで届くように――集中したまなざし。
110815tsudasayoko006.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.7 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/08(木) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その14 コンサート(フルート&ピアノ)

110815tsudasayoko001.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.7 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
二条城の二の丸御殿・台所を会場としてセッティングし、2011.8.6(土)~8.15(月)にコンサート(クラシック、ジャズ)や舞踏、琴演奏のイベントがありました。
フルートの津田佐代子さんが、ピアノの小林里佳さんとともに最終日のステージを飾りました。

ゆかた姿で――演奏するのはモーツアルトなど。
110815tsudasayoko002.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.7 ISO-800

ピアノの小林里佳さん――ゆったりと大きな波を作るように伴奏されています。
110815tsudasayoko003.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/80 F4.7 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/07(水) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桂雀三郎 with まんぷくブラザーズ Xmasイブ ディナーショウ 2011

110905mampuku001_.jpg

落語家の桂雀三郎さん――みずからギターも弾き、歌うミュージシャンでもあります。
「ヨーデル食べ放題」という "大ヒット曲" もあります。
桂雀三郎さんが、「まんぷくブラザーズ」というプロ演奏家たちとクリスマスイブにディナーショウを開きます。
メンバーは――
リピート・山中(ボーカル、ギター)
ボルケーノ・赤木(ボーカル、マンドリン)
リストーラ・久留島(ボーカル、ベース)
関西方面ではそれぞれの楽器の達人として有名な人たちばかり――。
ご覧のとおり、にこやかに、楽しく――でも演奏はシビアに、ステージを繰り広げます。
※ちなみに、わたしは皆さんの写真撮影とこのチラシ作りを手伝わせていただきました。(^.^)/...
-----------------------------------------------------------
2011年12月24日(土)
午後6:00開宴(午後5:30受付開始)
会場:ホテルグランヴィア京都・竹取の間
料金:ひとり 12,000円
連絡は、山野井珠几(090-1984-9008)まで
-----------------------------------------------------------

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/09/06(火) 00:09:00|
  2. イベントevents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京の七夕 2011.8 その13

110815kyounotanabata016.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/13 F5 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
メッセージ行灯は、こんな感じでずらりと並んでいます。
向こうに見えるのは城の南東端にある建物。

南西にレンズを向けると、こんな感じ。
110815kyounotanabata017.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/13 F4.5 ISO-800

出入口(東大手門)の南側にあるシンボル行灯です。
堀川通りを走る車のライトが見えます。
110815kyounotanabata018.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/320 F4.5 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/05(月) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その12

110815kyounotanabata013.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F7.1 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
「星になりし 人のみたまや 天の川」――瀬戸内寂聴さんのメッセージ行灯です。

女優さんふたりのメッセージ行灯です。
左から……、
「みんなで 力を あわせましょう」――中村玉緒さん。
「今が歴史に変わる時 正しい道標でいられますように 寄り添いながら一歩ずつ」――名取裕子さん。
110815kyounotanabata014.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F7.1 ISO-800

雅楽演奏家の東儀秀樹さんのデザイン画です――鳳凰でしょうか。
110815kyounotanabata015.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F7.1 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/04(日) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その11

110815kyounotanabata010.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/25 F5.6 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
「京の名産品展」「宮城・福島物産展」「伝統産業体験教室」が開かれています。

二の丸御殿から壁を隔てて連なる通路――こちらも足元を行灯が照らします。
110815kyounotanabata011.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/3 F7.1 ISO-800

「いつか 必ず 花は 咲く」――漫画家の里中満智子さんです。
110815kyounotanabata012.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/250 F7.1 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/03(土) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その10

110815kyounotanabata007.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/6 F4.5 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
二条城・二の丸御殿を「デジタル掛け軸(演出=長谷川章)」が照らします。
変化する絵柄が不思議な空間を作っています。

鮮やかな色使いで、複雑な絵柄を照らし出します。
110815kyounotanabata008.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/10 F4.5 ISO-800

二の丸御殿の東側の通路――足元を行灯が照らしています。
110815kyounotanabata009.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/20 F4.5 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/02(金) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の七夕 2011.8 その9

110815kyounotanabata004.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/100 F7.1 ISO-800

「京の七夕」、つづき。
二条城のメッセージ行灯――ノーベル賞学者の益川敏英氏の「フィロソフィア(ギリシャ語)=哲学」。

「勇気 元気 強い日本 未来を信じて」――森光子さんのメッセージです。
110815kyounotanabata005.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/100 F7.1 ISO-800

宗教学者の山折哲雄氏――「山は裂け 海は荒れても この国に 山紫水明を恵みたまえ」。
110815kyounotanabata006.jpg
Panasonic DMC-GH1 14-140mm F4.0-5.8 - 1/100 F7.1 ISO-800

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/01(木) 00:09:00|
  2. 京の七夕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (224)
寺院temples (458)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (453)
紅葉 (612)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (313)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (170)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード