FC2ブログ

音楽と風景ブログ

◆写真のこと、音楽のこと、京都のこと、風景のことなど◆

貴船 2010.9 その15

100920kibune003.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/15 F6.3 ISO-400

貴船、つづき。
「結社(ゆいのやしろ)」に、船形の石が置いてあります。
-----------------------------------------------------------
天の磐船(あめのいわふね)

この船形の自然石は、貴船の山奥より算出し、平成8年3月、京都市在住の作庭家・久保篤三氏より奉納された。
重さは6トン。
船は、古くは唯一の交通機関であり、人と人、文化と文化の交流(結ぶ)ということから、縁結びの信仰と関わりがある。
また奥宮の「船形石」伝説にみられるように神様の乗り物として神聖視され、当社と船とのかかわりは深い。
縁結びの神で知られる結社(ゆいのやしろ)の御祭神・磐長姫命(いわながのひめのみこと)の御料としてここにおさめた。
-----------------------------------------------------------

和泉式部の歌碑です。
100920kibune004.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/20 F6.3 ISO-400

説明のプレートがあります。
-----------------------------------------------------------
和泉式部 歌碑

貴船神社は、古来、恋を祈る社でもありました。
平安時代の有名な女流歌人・和泉式部は、夫との仲がうまくいかなくなって当社にお参りし、貴船川に飛ぶ蛍を見て、切ない心情を歌に託して祈願しました。すると社殿の中から慰めの返歌が聞こえてきて、ほどなく願いが叶えられ、夫婦仲がもとのように円満になったということです。
『御拾遺和歌集』には次のように記されています。

男に忘れられて侍りけるころ貴布禰に参りてみたらし川に蛍の飛び侍りけるを見てよめる

ものおもへば 沢の蛍も わが身より
あくがれいづる 魂かとぞみる

(※あれこれと思い悩んでここまで来ますと、蛍が貴船川一面に飛んでいます。そのはかない光は、まるで自分の魂が体から抜け出て飛んでいるようでございます。)

御返し

おく山に たぎりて落つる 滝つ瀬の
玉ちるばかり ものな思ひそ

(※しぶきをあげて飛び散る奥山の滝の水玉のように[魂がぬけ出て飛び散り消えていく=死ぬかと思うほど]そんなに深く考えなさるなよ。)

この歌は、貴布禰の明神の御返しなり、男の声にて和泉式部が耳に聞こえけるとなむいひ伝えたる。
-----------------------------------------------------------
100920kibune005.jpg
Sony α900 Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 - 1/40 F6.3 ISO-400
スポンサーサイト



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2010/09/25(土) 00:09:00|
  2. 新緑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<貴船 2010.9 その16 | ホーム | 貴船 2010.9 その14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iknozomi.blog90.fc2.com/tb.php/714-6257c335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

カテゴリ

未分類 (0)
幕末~維新の京都 (62)
神社shrines (245)
寺院temples (525)
庭園gardens (175)
桜cherry blossoms (510)
紅葉 (765)
新緑 (236)
雪景色 (67)
梅 (143)
鳥birds (13)
イルミネーション (51)
花灯路 (320)
イベントevents (267)
イベント-庭士と花士-2009 (5)
イベント-庭士と花士-2008 (2)
音楽 (6)
京都の名所sights in Kyoto (313)
京都の店shops (12)
京都の年中行事 (23)
植物園 (58)
祇園 (8)
京の七夕 (199)
楽器musical instruments (95)
美術館・博物館 (25)
神戸 (14)
舞鶴 (17)
有栖館(平安女学院) (15)
比叡山 (7)
横浜 (3)
東京 (1)
姫路 (7)
北海道 (9)
日光東照宮2009 (68)
レンズ (2)
撮影技術 (4)
天体cosmic space (3)
鉄道 (8)
琵琶湖 (18)
雑貨 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アナログ時計

プロフィール

Nozomi

Author:Nozomi
趣味:弦楽器、音楽、写真、外国語。
ギターは Acoustic Guitar Sanctuary(タク坂下デザイン)、Martin 0-18 1946、Santa Cruz 00 Model、河野賢、Jose Oribe、Gibson ES-175。
マンドリンは 中西、Grassland 。
ウクレレは占部。
カメラはミノルタ(ソニー)、コンタックス、シグマ、パナソニック。

E-mail:iknozomi@gmail.com

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード